Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

「Web2.0」導入によるインシデント被害額は平均200万ドル - 国内平均は300万ドルで世界最高額

マカフィーは、各国企業における「Web2.0」技術の導入リスクについてまとめたレポートを公開した。日本は導入率が低い一方、セキュリティの問題による平均被害額が最も高かったという。

同レポートは、同社の委託により米パデュー大学の研究員が実施したもの。17カ国で従業員1000人以上の企業の意思決定者を対象に、ソーシャルメディア、ミニブログ、協業プラットフォーム、Webメール、コンテンツ共有ツールなどいわゆる「Web 2.0」技術を活用したアプリケーションのビジネス利用における利点とリスクを評価した。

全体的に導入率は高く、なかでもブラジル、スペイン、インドでは90%を超えた。一方、米国、英国、カナダ、オーストラリア、日本で導入が進んでいなかった。

導入企業の75%が、あらたな収入源が掘り起こされたと回答し、40%が生産性が高まり効果的なマーケティングに繋がったと回答した。

(Security NEXT - 2010/09/28 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

消費者の7割「情報漏洩が発生した企業との取引をやめる」 - 9割超が法的措置検討
実在組織名用いたメール攻撃訓練でトラブルのおそれも - IPAが注意喚起
「注文を配送できません」とだますスパムが多数流通 - 「Amazon」「Apple」などのなりすましも
2017年1Qのランサム検出、前四半期から半減 - ウェブ経由のあらたな感染活動も
セキュリティリスクに関する最大の懸念は「従業員の不注意と知識不足」
子どものネット安全対策、保護者の5人に1人は無策
東大が「ライフスタイル認証」の実証実験 - 人気アプリと連携、被験者5万人規模
セキュリティ侵害発覚まで平均520日 - 狙いは役員の「メール」
7割の企業が「戦略的IT投資」推進で専任組織を設置
2016年2Qの標的型攻撃メールは35件 - PW付きrarファイルで検知回避狙う