Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

「Windows 2000」ユーザー向けの割引キャンペーンを延長 - FFRとソフォス

フォティーンフォティ技術研究所とソフォスは、 「Windows 2000延命支援キャンペーン」の期間を延長した。

同キャンペーンは、サポートが終了している「Windows 2000」を使用している企業を対象に、「延命キャンペーン」としてセキュリティ対策ソフトを定価より20%割引で提供するもの。フォティーンフォティ技術研究所では、12月24日、ソフォスでは12月17日まで延長する。

マイクロソフトでは、7月に「Windows 2000」のサポートを終了しているが、両社では提供するセキュリティ対策製品において、「Windows 2000」上の動作を2012年までサポートすると表明しており、引き続き移行期間のセキュリティ対策を支援する。

(Security NEXT - 2010/09/28 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

トレンド、制御システムで不正アプリの起動を阻止する新製品
法人向けセキュリティ製品「ESET Endpoint Protection」がAndroidをサポート
FFRI、「Windows XP」サポート終了後も脆弱性対策製品のサポートを続行 - 2017年末まで
犯罪予告ウイルスの詳細が明らかに - XPなどへ感染、制御は掲示板経由
「Firefox 3.6」と「Thunderbird 3.1」のサポートが終了へ
FFR、「Windows 2000」向けセキュリティ製品の販売とサポート期間を延長
サポート切れとなる「Windows 2000」デスクトップ版の移行期間を確保できるソフト - FFR
11月は対策ソフトで検知できない「未知検体数」が最低レベルに - CCCまとめ
IPA、サポート終了OSの危険訴える - 利用せざる得ない場合は隔離を
「Gumblar」関連の不正プログラムがトップ10内に6種 - トレンド上半期まとめ