Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

多数メディアが採用する広告配信サーバが改ざん - 広告に不正サイト誘導タグ

マイクロアドが提供する無料広告サーバが不正アクセスを受けて改ざんされ、提携するメディアに不正サイトへ誘導されるコードが掲載されていたことがわかった。

広告を配信する同社アドサーバサービス「VASCO」の一部バージョンに脆弱性があり、不正アクセスを受けてデータを改ざんされたもの。9月24日21時半ごろから同日23時半ごろまで配信されたデータに不正サイトへアクセスさせる「iframe」タグが挿入されていたという。

今回の改ざんではリンク先のURLにURL短縮サービスを活用。誘導先のサイトでマルウェア「Security Tool」感染する可能性があった。同社では、23時半の時点で転送が中止されていることを確認したとしており、脆弱性についても翌25日1時過ぎに修正を終えている。

同社では、改ざんされた広告の具体的な配信先については公表していないが、7月の時点で60社以上が同サービスを採用している。

同社をはじめ、毎日新聞社のポータル「毎日jp」や大手価格比較サイトの「価格.com」のほか、ニュースサイトやソーシャルメディアなど、約20サイトが閲覧したユーザーへ注意喚起のアナウンスを開始している。

(Security NEXT - 2010/09/27 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

聖教新聞通販サイトから個人情報18万件が流出か - 偽決済画面でクレカ情報の詐取も
不正DNSへ変更する「GhostDNS」、10万台以上が被害 - 70種類以上のルータが対象
福島信金でサイト改ざん、マルウェアやサポート詐欺に誘導
アノニマスが日本の政府機関を攻撃すると宣言 - 大規模攻撃に発展するおそれも
宮城県図書館サイトにDDoS攻撃 - 特定国より認証ページに大量アクセス
電子書籍作成サービスに不正アクセス、作品が改ざん - ロールバックで一部データが消失
WordPressの脆弱な追加機能狙う攻撃 - サイト間感染のおそれも
長野県立歴史館のサイトが改ざん - 第三者が画像や文言を追加
阪大の一部サイトが改ざん - 閲覧でマルウェア感染のおそれ
日本セーリング連盟のオリ強サイトが改ざん - 未使用の旧CMSが原因か