Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

学生の個人情報含むPCが山手線内で盗難 - 立教大

立教大学経営学部の教員がJR山手線の車内で盗難に遭い、同学部の学生の個人情報が保存されたパソコンが盗まれたことがわかった。

被害に遭ったパソコンには、講義履修者の氏名、学籍番号のほか、TOEFLの点数などが保存されていたと見られるが、正確な内容については確認できていないという。パソコンには、パスワードが設定されていた。

9月1日にJR山手線車内で盗まれたもので、被害届を提出し、JRにも捜索を依頼した。また対象となる学生には、経緯説明と謝罪の文書を送付している。

(Security NEXT - 2010/09/27 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

複数医療機関の患者情報含むUSBメモリが海外で盗難被害 - 福島県立医科大
教員が学生の個人情報を電車内で紛失 - 常葉大
患者の顔画像含むタブレット端末を紛失 - 国立精神・神経医療研究センター
学生の個人情報含むUSBメモリを紛失 - 阪南大
顧客情報含むUSBメモリを電車内に置き忘れ - 銀座十字屋
患者情報含む書類が車上荒らしで盗難 - 香川大付属病院
クライアントである歯科や患者情報含むHDDを紛失 - 船井総研
個人情報含むPCを電車に置き忘れ、届けられ回収 - 朝日新聞
高校の修学旅行先で個人情報を紛失 - 横浜市
海外研修で引率教諭が鞄置き忘れ、個人情報紛失 - 立命館宇治中高