Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

「Yahoo!モバゲーベータ版」で他顧客情報が閲覧できる不具合

携帯電話向けゲームサービスと連携するPC向けゲームサービス「Yahoo!モバゲー」で障害が発生し、一部利用者の情報が、関係ない別のユーザーから一時的に閲覧できる状態だったことがわかった。

両社によれば、9月22日12時50分から9月23日21時半まで、DeNAが運営するPCサービス「Yahoo!モバゲー」のベータ版において、マイページなどユーザーIDに関連するページが、ほかの顧客が閲覧できる状態となったもの。単独で個人を特定できる情報はなかったが、性別や地域などの情報が含まれていた。

ID登録処理の設定ミスが原因で、以前にモバイル版モバゲータウンへ入会しており、問題の期間中にモバイル版モバゲータウンの「お知らせ」を経由して同サービスへアクセスしたユーザーに影響があった。24日の時点で10人に今回の不具合が生じていたことが判明しているが、閲覧された情報の不正利用については確認されていない。

同サービスは、ヤフーとDeNAが9月21日15時半よりサービス試験提供開始したばかり。22日15時前に顧客から不具合を指摘する連絡があり、翌23日21時40分にサービス停止して調査したところ、24日になって問題が発覚した。両者は再開に向けて復旧作業を進めており、モバゲータウン事務局では関連する顧客に対しても個別に連絡するなど対応を進めていく。

(Security NEXT - 2010/09/24 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

漫才コンテスト「M-1」のプレス向けメールで誤送信 - 朝日放送
サービス案内メール誤送信で顧客のメアド流出 - 人材支援サービス会社
採用情報の案内メール誤送信でメアド流出 - 瀬戸内市
操作ミス重なりメール誤送信でメアド流出 - 横浜市
メール誤送信で製品モニター応募者のメアド流出 - 大王製紙
入試情報サイトで個人情報が閲覧可能に - 京都精華大
メール誤送信で助成金交付団体のメアド流出 - 環境再生保全機構
誤送信で講座受講者のメールアドレス流出 - 首都大学東京
メール誤送信でボランティア協力者のメアド流出 - ハンガー・フリー・ワールド
アンケートメールで誤送信、メアド流出 - 主婦と生活社