Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

社外だとポリシー違反のブラウジングが3割上昇

従業員の35%は社外において社内以上にウェブサイトへのアクセスをブロックされるケースが多いことがわかった。

メッセージラボジャパンが同社セキュリティサービスを利用している顧客のインターネット利用状況について調べ、判明したもの。内勤従業員と外勤従業員でブロックされるサイトの傾向が異なっており、内勤従業員の場合はアダルトサイトが多かった。

一方、外勤従業員はダウンロードサイトのブロック件数が内勤に比べ5.4倍も多く、ショッピングや出会い系サイトへのブロックも内勤従業員を上回っていた。ブロックされたサイトにおいてマルウェアが含まれる割合は、外勤の従業員がブロックされたアクセスのうち、1807件に1件だったが、内勤の場合は322件に1件だった。

(Security NEXT - 2010/09/24 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

J-CSIP、「やりとり型」の標的型攻撃を確認 - 日本語ばらまき型メールも巧妙化
約4割の組織で重大被害 - 売上機会損失など含む平均被害額は2.3億円
自動化進めたSOCの約7割、1週間以内に脅威調査を完了
国内7%がID窃取被害を経験 - 端末の紛失は9%
全従業員のマイナンバーを収集した企業、7割から8割
中小企業の5.1%がマルウェア感染を経験 - 被害は「データ破壊」が最多
中小企業の6.2%がサイバー攻撃を経験 - 標的型攻撃が最多、ランサムも
2016年度のマイナンバー関連事故は165件 - 6件が「重大な事態」
中小企業の内部不正、発覚事案の1割弱が情報漏洩
4社に1社がインシデント被害を経験 - 半数超が脆弱性突かれた被害