Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

社外だとポリシー違反のブラウジングが3割上昇

従業員の35%は社外において社内以上にウェブサイトへのアクセスをブロックされるケースが多いことがわかった。

メッセージラボジャパンが同社セキュリティサービスを利用している顧客のインターネット利用状況について調べ、判明したもの。内勤従業員と外勤従業員でブロックされるサイトの傾向が異なっており、内勤従業員の場合はアダルトサイトが多かった。

一方、外勤従業員はダウンロードサイトのブロック件数が内勤に比べ5.4倍も多く、ショッピングや出会い系サイトへのブロックも内勤従業員を上回っていた。ブロックされたサイトにおいてマルウェアが含まれる割合は、外勤の従業員がブロックされたアクセスのうち、1807件に1件だったが、内勤の場合は322件に1件だった。

(Security NEXT - 2010/09/24 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

38%の企業がセキュリティ投資を増額 - それでも65%は「不足」
クラウド利用のセキュリティポリシー、策定するも遵守に不安の声
暗号化の動機、「知的財産の保護」が6割 - 脅威は「従業員のミス」が最多
対応コストともなう「サイバー攻撃」「内部犯行」、43.9%が経験
執拗な攻撃で組織へ侵入、感染するランサムウェア「SamSam」 - 被害は約590万ドルに
約4割に「BEC」受信経験 、受信者の8.7%が送金 - 5億円以上のケースも
6割強がGDPRを理解せず - 半数以上で過去に域内個人情報が流出
1割超の企業が過去1年間に内部不正の情報漏洩を認知 - DDoS攻撃も1割弱
過去3年間に18.2%の企業が委託先などでのインシデントを経験
約6割のCISOが非役員 - 「課長級以下」も12.5%