Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

社外だとポリシー違反のブラウジングが3割上昇

従業員の35%は社外において社内以上にウェブサイトへのアクセスをブロックされるケースが多いことがわかった。

メッセージラボジャパンが同社セキュリティサービスを利用している顧客のインターネット利用状況について調べ、判明したもの。内勤従業員と外勤従業員でブロックされるサイトの傾向が異なっており、内勤従業員の場合はアダルトサイトが多かった。

一方、外勤従業員はダウンロードサイトのブロック件数が内勤に比べ5.4倍も多く、ショッピングや出会い系サイトへのブロックも内勤従業員を上回っていた。ブロックされたサイトにおいてマルウェアが含まれる割合は、外勤の従業員がブロックされたアクセスのうち、1807件に1件だったが、内勤の場合は322件に1件だった。

(Security NEXT - 2010/09/24 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

約7割が標的型攻撃への訓練実施 - 管理者3割「開封が評価に影響」
世界で68%の企業がサイバー攻撃被害を経験 - 日本は24%
セキュリティソリューションへの支出、世界で年間1000億ドル超に
「SECURITY ACTION」宣言事業者の課題は? - 意識の低さや人材不足などに課題
2割強の企業が過去1年間にPCやスマホ紛失を経験
GDPR「適正に個人情報を移転」は34% - 3分の1は未対応
企業の14%がセキュ事故経験 - サイバー保険加入率は12%
不正アクセスの検挙564件、目立つ脆弱PW狙い - ウイルス罪は68件
組織非公認のチャットサービス、役職者など53%が業務で利用経験
中堅企業「情シス」、4割弱が1人以下 - 前年から7ポイント増