Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

ZIPファイル添付スパムが4倍、マルウェア添付は3倍に - シマンテック報告

シマンテックによれば、8月のスパムの割合は依然として9割を超えており、ファイル添付スパムの増加が見られるなど深刻な状況が続いている。

同社では、調査用に用意した200万件のアカウントを使用し、世界20カ国から収集したメールをもとに、スパムに関する傾向を分析しているが、8月は流通したメールに占めるスパムの割合が92.5%となり、91.9%だった7月を上回った。

8月は、ファイルが添付されたスパムの増加が目立っており、ZIPファイル添付スパムは前月の4倍、マルウェア添付スパムは3倍を記録。悪質なJavaScriptを含むhtmlファイルが添付されたスパムも拡大している。

同社によれば、ZIPファイル添付スパムに傾向があり、コンピュータからログイン情報や口座情報を盗み出す「Trojan.Zbot」を含むケース、ほかの不正ファイルをダウンロードする「Trojan.Sasfis」を含むケース、波状の画像技術を用いた医薬品関連のメッセージを含むケースの3種類に大別できるという。

(Security NEXT - 2010/09/21 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

減少傾向続く新種マルウェア、1カ月あたり4000万件割り込む - 1年間で半数以下に
マルウェア亜種の減少傾向続く - マルウェアメールの割合は上昇
2017年3Qの新種マルウェア、10%増となる5760万件 - マカフィーまとめ
12月はマルウェアメールの割合が上昇 - ボットネット「Necurs」が活発化
マルウェア亜種の減少傾向続く - 一方でスパムは増加
10月のマルウェアメール、7カ月ぶりに減少 - 新種マルウェア5000万件割る
マルウェア感染メールの割合が6カ月連続増加 - 「Locky」の拡散も
検索結果が危険な有名人 - CMでも歌声披露した「あの人」も
マルウェア感染メールの割合が5カ月連続で上昇 - 「Necurs」復活が影響か
マルウェア感染メールの比率が上昇 - スパムで自己拡散するランサムも