Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

事務所移転時に顧客情報含む書類を紛失 - 住友林業グループ会社

住友林業ホームテックは、支店の事務所を移転した際に顧客情報43件含む工事関係書類を紛失したと発表した。

所在不明となっているのは、顧客ごとの工事関係書類で、43件の顧客情報が含まれる。9月7日から8日にかけて、近畿地区の支店が事務所の移転したが、翌9日18時ごろになって、書類を収納した箱1個の所在不明が判明した。事務所内を捜索したが見つからなかったという。

同社では、移転先の事務所へ搬入したもの以外はすべて廃棄処理しており、誤って処分した可能性が高いとしている。また対象となる顧客に報告と謝罪を行うなど、対応を進めている。

(Security NEXT - 2010/09/21 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

不正アクセス受けたFostex通販サイトが再開 - 詳細が判明
国交省関連サイトから情報流出の可能性 - 「Struts 2」脆弱性突かれ不正プログラム設置
旧奈良銀で扱った約300件の帳票が所在不明 - りそな銀
個人情報含む年金関連書類が所在不明 - 国民年金基金連合会
患者情報含むUSBメモリが所在不明 - 福岡市立こども病院
職員が患者情報保存した私物USBメモリを紛失 - 愛媛医療センター
特別支援学校の5年分の指導要録が所在不明、誤廃棄か - 横浜市
本人確認書類2882人分を保存期間を誤り廃棄 - みずほ銀
事務所移転時に顧客情報が輸送箱ごと紛失 - ロプロ
代理店で顧客情報約3万9000件を含むCD-Rが所在不明に - アフラック