Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

貯金事務センターで顧客情報約3500件の紛失が判明 - ゆうちょ銀

ゆうちょ銀行は、複数の貯金事務センターにおいて、国債購入申込書や郵便貯金申込書など、顧客情報約3500件が所在不明になっていることを明らかにした。

所在が不明になっているのは、2000年5月から2003年1月に受け付けた国債等証券購入申込書2684件、および1968年6月から1983年12月に受け付けた定額郵便貯金預入申込書758件。顧客の氏名、住所、口座番号、取引金額、印影などが含まれる。

同行では、2010年4月15日に大阪貯金事務センターで書類の紛失が判明したことを受け、全国12カ所の貯金事務センターにおける書類の保管状況を調査。その結果、全国11カ所のセンターで紛失が発生していたという。

同行では、不要書類とともに誤って廃棄した可能性が高く、外部に流出したおそれは低いと説明しており、関連した問い合わせなども確認されていない。

(Security NEXT - 2010/09/17 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

「Suica」の払い戻し申込書が所在不明 - JR東日本
ATM利用者10万人分の映像を記録したSDカードを紛失 - ゆうちょ銀
局員が顧客情報を持ち出し、処分に困り投棄 - 北海道の郵便局
全国22の郵便局でのべ32万人の顧客情報を紛失
顧客情報含む資料を一時紛失、局外で発見され判明 - 郵便局
顧客情報約9万6000件含むジャーナルを紛失 - 郵便局
再委託先でATMジャーナルの紛失が発生 - ゆうちょ銀
ゆうちょ銀、カード郵送時の封筒に他顧客の個人情報を誤印字 - 原因はプログラム不具合
日本郵政グループで約11万6700件の個人情報が所在不明に
印影など顧客情報約8100人分が含まれる申込書を紛失 - ゆうちょ銀