Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

「Exchange Server」の一部バージョンに脆弱性 - MSはパッチ提供を断念

マイクロソフトは、一部バージョンの「Exchange Server」が提供するウェブメールサービス「Outlook Web Access」に、未修整の脆弱性が判明したとしてアドバイザリを公表した。同社は、セキュリティ更新プログラムの提供は行わない方針。

今回判明した脆弱性は、認証されたOWAのセッションが乗っ取られる可能性があるもので、メールを読まれたり設定が変更されるおそれがあるほか、利用者を不正なページへ誘導するなど悪用されるおそれがある。

影響を受けるのは、「同2003 SP2」と「同2007 SP1」「同2007 SP2」で、現時点で脆弱性に対する攻撃は確認されていない。

脆弱性を解消するにはソフトウェアそのもののデザインを変更する必要があり、デザイン変更がユーザーへ及ぼすリスクは小さくないとして、同社は、セキュリティ更新プログラムを提供しないという。

「同2000」「同2007 SP3」「同2010」については影響を受けないことが判明しており、同社では利用者へ脆弱性が含まれていないバージョンへアップグレードすることを推奨。すぐにアップグレードできないユーザーへ回避策をアナウンスしている。

(Security NEXT - 2010/09/16 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

管理甘い「Cisco Smart Install Client」の探索行為が増加 - 警察庁が注意喚起
「Spectre」「Meltdown」と類似した脆弱性2件が判明 - 数週間以内に更新予定
「baserCMS」に7件の脆弱性 - リモートより悪用のおそれ
「BIND 9.12」にリモートから攻撃可能な脆弱性が2件 - アップデートがリリース
攻撃狙う「Cisco Smart Install」は「デフォルトで有効」 - IOS利用者は注意を
「Nessus」にXSSやセッション固定など2件の脆弱性
GDPR対応で「WordPress」がアップデート - プライバシー保護機能を強化
「OneDrive」「Skype」などMS製複数アプリに脆弱性 - 修正は次期バージョン以降
「Cisco DNA Center」に複数の深刻な脆弱性 - アップデートがリリース
Adobe、「Acrobat/Reader」におけるPoC公開の脆弱性について訂正