Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

メールセキュリティ分野ではクラウドサービスが堅調、市場成長の鍵に - IDC予測

2010年の国内セキュアコンテンツや脅威管理ソフトウェアの市場成長率は、2.2%と堅調に推移するとの予測をIDC Japanが発表した。クラウド市場の成長が下支えしているという。

レポートによると、2009年のセキュアコンテンツ、脅威管理ソフトウェアの国内市場規模は、前年比0.3%成長と横ばいだったが、2010年は前年比成長率2.2%を確保し、市場規模1112億円になるとの見通しを示している。

年間ライセンスをビジネスモデルとするウイルス対策製品の市場が安定していることから、2014年までの年間成長率は1.8%と堅調に推移し、2014年の市場規模は1192億円になると予測している。

製品分野別に見ると、2009年の企業向けウイルス対策製品は前年並み、メッセージングセキュリティ、ウェブセキュリティ分野はマイナス成長だった。一方で2010年は企業向けPCやサーバの出荷が好調なため、企業向け市場の成長を見込んでいる。

(Security NEXT - 2010/09/16 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

2019年度のブロックチェーンサービス市場は171.5億円、2022年度に1235億円との予測
セキュリティソリューションへの支出、世界で年間1000億ドル超に
国内サイバー保険市場、今後5年で3.5倍予測
2018年の国内セキュリティソフト市場、前年比3%増見込み
2017年の国内IoTセキュリティ製品市場は624億円、前年比20.5%増
国内特権ID管理製品市場、前年度比10%増
国内クラウドセキュリティ市場、前年比19.7%増
定義ファイル非依存の標的型攻撃対策製品市場、前年比29.9%増 - 今後も高成長との予測
盗難クレカ、流通量多い上位20カ国の平均相場は10.95ドル
アカウント情報の闇相場、「銀行口座」など高値 - 攻撃者はPWリスト攻撃目的で入手か