Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

部門単位でのレポート出力に対応するPC運用管理ソフト - インターコム

インターコムは、情報漏洩対策やIT資産管理を支援するクライアントPC運用管理ソフトの最新版を、9月27日より発売する。

「MaLion 3」は、おもに中小企業での利用を想定したクライアントPC運用管理ソフト。USBメモリなどデバイス操作や印刷、メール送受信、ウェブアクセスなど従業員のPC操作を監視する機能のほか、ソフトウェア資産の管理台帳機能やログ分析、レポート機能を搭載している。

最新版では、3段階のセキュリティポリシーをテンプレートで標準搭載した。また、部門単位での定期レポート出力にも対応。企業の分散管理体制を支援する。

(Security NEXT - 2010/09/16 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

制御システム向けにリスク評価サービス - BBSecとテリロジー
ESETにEDR製品が追加 - クラウド型サンドボックスも提供
ハイブリッド環境対応の上位版MSSを開始 - テクマトリックス
MDMにSIM抜差監視機能を追加 - オプティム
サイトの脆弱性を診断する月額制クラウドサービス - セキュアブレイン
インシデントや委託先の管理を支援するサービス - GRCS
A10、製品連携のDDoS攻撃対策を実現 - 機械学習で自動防御
委託先セキュリティ検査を支援するパッケージ - NRIセキュア
リコーとシスコが提携 - オフィス機器のセキュアな接続などで
Sophos、コンシューマー向けソフトに新版 - 検知エンジンを拡充