Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

私的利用防止以上にウイルス対策効果を実感 - フィルタリング利用の管理者

企業や地方自治体の従業員に支給している携帯電話のうち、約3割がフィルタリングを利用していることがわかった。

ネットスターが、すでにURLフィルタリングを導入している企業や地方自治体のシステム管理者を対象に、職場でのインターネットの管理実態を調査したもの。ウェブアンケート方式で実施され、有効回答数は516件だった。

調査で、フィルタリングの導入効果を実感している内容を尋ねたところ、「ウイルス、スパイウェアなどの侵入防止」が73.8%で最多。「私的利用抑制」が70.2%で続いた。また、「情報漏洩の抑制」や「ネット犯罪に巻き込まれるのを防ぐ」という回答も55.6%と半数を超えている。

59.5%は、フィルタリング製品をサーバで運営しており、クライアントベースで動作する製品は26.9%だった。ルータやUTMなど組み込み型ソフトウェアも25.2%と僅差で続く。組織規模が大きくなるほどサーバ型の利用比率が高くなり、PCへインストールする割合は低い結果だった。

(Security NEXT - 2010/09/15 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

2016年のモバイルセキュリティ市場は65億円 - 5年後には2倍に
子どもの4人に1人がSNSでトラブル - 不正ログインや架空請求も
プロバイダにおける迷惑メール対策導入状況を公表 - 総務省
子どものネット安全対策、保護者の5人に1人は無策
総務省、迷惑メール防止技術の導入状況を公表 - DMARC導入は2社
小中学生の情報モラル診断、「法」に関する知識が低い傾向
日米企業のセキュリティ投資額や製品導入率に格差 - MM総研調査
モバイルセキュリティ対策市場、2015年度に14.3倍へ - 紛失対策は196.7倍となる見込み
「標的型攻撃リスク」は8割が重視 - パッチ適用徹底は6割にとどまる
小中学生のパソコン、4割はウイルス対策不足 - トレンドマイクロまとめ