Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

サイトの構造から有害サイトを検出する技術を開発 - KDDI研究所

KDDI研究所は、サイトの背景色やリンク先、スクリプトといった特徴から有害サイトを検出する技術を開発した。

同技術は、情報通信研究機構(NICT)から委託を受けた「インターネット上の違法・有害情報検出技術の研究開発」の成果。ウェブサイトのHTMLを解析し、背景色やリンク先、ブラウザに特定の動作をさせるスクリプトから、いわゆる「有害サイト」に特有な特徴を自動的に学習し、検出する。

同社によれば、従来の解析方法では検出に1万の特徴が必要だったが、同技術では26の特徴で90.3%の検出精度が実現できたという。また、処理速度も従来の3倍以上に高速化したほか、誤検出も少ないという。

今後は同技術を活用したフィルタリングシステムを開発し、ブラウザやISPのフィルタリングサービス、サイト監視サービスなどに導入するなど早期の実用化を目指している。

(Security NEXT - 2010/09/14 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

ウェブフィルタリング製品に新版、クラウドサービスも- キヤノンMJ
MDMにSIM抜差監視機能を追加 - オプティム
MS、機械学習活用したSIEM「Azure Sentinel」を発表 - 「Office 365」とも簡単連携
Sophos、コンシューマー向けソフトに新版 - 検知エンジンを拡充
抜け漏れないウェブのセキュリティ対策を - IPAがポイント20カ条
エフセキュア、セキュリティゲートウェイに新版 - HTTPS検査に対応
ウェブフィルタリング製品「i-FILTER」に複数脆弱性
小規模事業所向けにセキュリティGWのMSS - 富士ゼロックス
カスペ、ゲートウェイセキュリティ製品に新版 - 出口対策にも利用できるコンテンツフィルタリングも
ALSI、「InterSafe GatewayConnection」のモバイル向け機能を強化