Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

「WORM_DOWNAD.AD」のトップ変わらずも、上位に変動 - トレンド週間ランキング

トレンドマイクロは、国内で8月30日から9月5日までに同社が発見や感染報告を受けたウイルスの状況について取りまとめた。

引き続き「WORM_DOWNAD.AD」が首位を走っている。一方で同ウイルスと3位となった「MAL_XED-10」以外は、前週と上位がすべて入れ替わるなど動きが激しい状況だった。新種のトロイの木馬「TROJ_SCARECROW.A」が2位に続いている。

4月11日に発見され、9月2日に同社では対応した「TROJ_OFICLA.SMK」が5位に入っている。同社が検知したウイルスのランキングは以下のとおり。

国内のウイルス感染および発見報告数(2010年8月30日から2010年9月5日まで)

1位:WORM_DOWNAD.AD
2位:TROJ_SCARECROW.A
3位:MAL_XED-10
3位:TROJ_BREDOLAB.DI
5位:JS_FAKESCAN.SMI
5位:TROJ_DAGONIT.C
5位:TROJ_DRAGON.R
5位:TROJ_OFICLA.SMK

(Security NEXT - 2010/09/10 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

検索結果が危険な有名人 - CMでも歌声披露した「あの人」も
リソース消費が多いAndroidアプリランキング、GoogleやSamsungが上位に
「注文を配送できません」とだますスパムが多数流通 - 「Amazon」「Apple」などのなりすましも
検索結果が危険な有名人は? - 日本でも人気上昇中の女性コメディアンがトップに
2016年1Qにフィッシング攻撃が大幅増加、過去最悪に
2015年3Qのフィッシング攻撃、3.3%増の13万946件
クーポン券のメールと見せかけたウイルスメールに注意 - トレンドマイクロ調査
IPAが10大脅威を取りまとめ - 組織と個人で異なる傾向
印象が悪かった不祥事ランキング - 年金機構問題が6位
攻撃者愛用のWindowsコマンドは? - 不要コマンド制限でリスク低減を