Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

マスメール型ワーム「Win32/Visal.B」が発生 - オートラン機能も悪用

感染するとPC内部のメールアドレスを利用して大量のメールを送信するマスメール型ワーム「Win32/Visal.B」が確認され、マイクロソフトやセキュリティベンダーが注意を呼びかけている。

同ワームへ感染した場合、「Messaging Application Protocol Interface(MAPI)」を利用してメールを大量送信したり、ローカルやネットワーク上のドライブへ自身とともに「autorun.infファイル」を作成するなど、オートラン機能を悪用して感染を拡大する。

「Exchange Server」を使用し、連絡先を大量に含むネットワークへ感染した場合、多数のメールがローカルネットワーク上で送信され、メールサーバの機能が低下する可能性があるとマイクロソフトでは指摘。さらにワームは自身のSMTPエンジンで感染システムのIPアドレスやシステム情報などを窃取していた。

一方トレンドマイクロでは、「WORM_MEYLME.B」と呼んでおり、「Windows XP」「同2000」「Windows Server 2003」に影響があると説明。感染するとリムーバブルメディアなどへ自身をコピーし、感染元となった自身のファイルを消去するなど活動を隠蔽するほか、レジストリキーやエントリキーを作成し、セキュリティ対策ソフトなどアプリケーションの動作を阻害するという。

(Security NEXT - 2010/09/10 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

不正アクセスで会員アカウント情報が流出 - 医学関連出版社
SEO支援サービスに不正アクセス - アカウント情報流出の可能性
カスペ、個人向けセキュリティ対策ソフトに新版 - 脆弱性対策機能を強化
カスペ、ハイブリッド環境を一元管理できるセキュリティ製品
フリーメールを業務利用、国内外からの不正アクセスで個人情報流出 - 島田市
フィッシングで複数職員がアカウントが乗っ取り被害 - 新潟大
CGソフト通販サイトに不正アクセス - 顧客情報が流出
米Lastlineのクラウドメール向けマルウェア対策サービスなど提供 - テリロジー
メールアカウントが不正アクセス被害、スパムの踏み台に - システム開発会社
不正アクセスで不祥事対応の内部情報が流出 - 高知県立大