Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

封筒が破損、私立高生徒の個人情報含むUSBメモリが所在不明に - 静岡県

静岡県が発送した封筒が郵送途中で破損し、県内私立高校の生徒551人分の個人情報が保存されたUSBメモリが所在不明になっていることがわかった。

同県私学振興課が9月3日にUSBメモリを文書と一緒に封筒に入れ、普通郵便で県内の私立高校に郵送。翌4日に届いたが封筒の底が破れており、USBメモリが入っていないことに気が付いたという。同校は週明けとなる9月6日に同県へ報告した。

紛失したUSBメモリには、同校生徒551人の高校就学支援金に関連する個人情報が保存されていた。配送を担当した郵便局に捜索を依頼しているが、メモリは見つかっていない。

郵便事業に捜索を依頼するとともに警察に遺失物届を提出。私立高校では対象となる生徒の保護者に対し経緯説明を行った。また同県では今回の事故を受け、今後は個人情報などの授受は手渡しで行うことを徹底するとしている。

(Security NEXT - 2010/09/10 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

教員が学生の個人情報含むUSBメモリを紛失 - 明星大
市内全世帯主の個人情報含むUSBメモリを紛失 - 津久見市
患者の個人情報含むUSBメモリを紛失 - 広島市民病院
医療機関の患者情報含むUSBメモリを紛失 - エンパワーヘルスケア
入試出願者の個人情報含むUSBメモリが所在不明 - 静岡県立大
学生の個人情報含むUSBメモリを紛失 - 昭和女子大
病院で患者情報含むUSBメモリが所在不明に
小学校教諭が個人情報含む私物USBメモリを紛失 - 柏市
学生の個人情報含むUSBメモリが所在不明に - 大阪工業大
患者情報含むUSBメモリを紛失 - 茨城県立中央病院