Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

パブコメ意見提出者535人分の氏名を誤記載 - 総務省

総務省は、情報通信分野の政策に関する意見募集の結果をウェブサイト上で公表した際、一時意見提出者535人分の氏名が閲覧できる状態となっていたことを明らかにした。

同省によれば、9月8日14時に公開した「『光の道』構想に関する再意見募集の結果」の報道発表においてファイルを公表したが、535人の氏名が含まれており、ソフトの機能を利用して閲覧できる状態だったという。

同日19時30分ごろ、外部から指摘があり判明。同省では個人情報を削除し、対象となる意見提出者に対し説明と謝罪を進めている。

(Security NEXT - 2010/09/09 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

情報提供メール1450件を誤送信、メアドが流出 - 機器販売会社
貸会議室利用者向けメールで誤送信、メアド1875件流出 - サンフロンティア不動産
メール誤送信で委託先担当者情報など流出 - 東京都公園協会
顧客向けメールで誤送信、CCにメアド620件 - 沖縄電
慶大、AO入試出願者の関連書類を誤表示 - システム不具合で
防災対策要請メールを誤送信、診療所のメアド流出 - 山口県
メール誤送信で職員採用試験申込者のメアド流出 - 長野県
「福岡市消防局eメール119番」のテストメールで誤送信
シンポジウム案内メールで誤送信 - 大阪市立大
一部フランチャイズ店舗の顧客情報がネット上で閲覧可能に - モスバーガー