Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

Android環境を標的にしたマルウェアが登場 - Dr.Webレポート

ネットフォレストは、同社が取り扱うDoctor Webが観測した8月のウイルスやスパムの動向について発表した。

8月にDoctor Web製品がメールサーバ上で検知したマルウェアは、全メールの0.01%にあたる180万4893件。ユーザーPC上のファイルから検出されたマルウェア感染ファイルは1239万8403件で、全ファイルの0.02%に上るという。

8月にDoctor Webでは、Androidを搭載した端末に感染し、勝手に有料SMSを送信するマルウェア「Android.MobileSpy」や「Android.SmsSend.1」などを確認。ゲームやスクリーンセーバー、無料のツールなどを装ってユーザーを騙し、インストールさせる手口が多かった。

64ビット版Windowsのシステムに感染するルートキット「BackDoor.Tdss」のあらたな亜種を検知したほか、「ICQ」や「FaceBook」 のアドレス帳に登録された宛先にマルウェアが送付されるという攻撃も発生している。同社がまとめたウイルスの検出状況は以下のとおり。

メールサーバ上の検出ウイルスランキング

1位:Trojan.DownLoad.41551
2位:Trojan.Packed.20312
3位:Trojan.DownLoad1.58681
4位:Trojan.Oficla.zip
5位:Win32.Virut
6位:Trojan.Packed.20878
7位:Trojan.PWS.Panda.114
8位:Win32.HLLM.Netsky.18401
9位:Trojan.Oficla.38
10位:Trojan.DownLoader1.17157

ユーザーPC上の検出ウイルスランキング

1位:Exploit.Cpllnk
2位:Trojan.WinSpy.921
3位:ACAD.Pasdoc
4位:Win32.HLLM.Dref
5位:Trojan.Packed.19647
6位:Win32.HLLP.Neshta
7位:Trojan.WinSpy.922
8位:Win32.Antidot.1
9位:Win32.HLLP.PissOff.36864
10位:Win32.HLLW.Gavir.ini

(Security NEXT - 2010/09/09 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

過去1年間に被害に遭ったPCユーザーは約4割 - 平均被害額は5.3万円
不正プログラム検出数が前期の4倍超 - 検出経路「メール」が急増
「ランサムウェア」関連の相談が大幅減 - 一方で被害も
4社に1社が個人端末を業務利用、4割がルールなし
「ランサムウェア」関連の相談が約6倍に - 67件で被害
ネットワーク経由のマルウェア検出が急上昇 - 「WannaCrypt」が影響
7%がSNSなどでアカウント乗っ取り被害を経験 - LINE利用者対象の調査で
2016年の個人情報漏洩インシデントは468件、平均想定賠償額は6.7億円 - JNSAまとめ
IPAへの年間相談は1.6万件弱、ランサム関連311件 - 復号で修理業者による高額請求も
発見から8年経過した「Conficker」検知数が急増 - 前四半期比67倍に