Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

機密情報の保護機能をクラウド上で提供するサービス - 日本IBM

日本アイ・ビー・エムは、機密情報が委託先などから漏洩する「二次漏洩」を防ぐクラウドサービス「デジタル文書セキュリティー・クラウド・サービス」を10月より提供開始する。

同サービスは、データをやり取りする際に暗号化やアクセス管理、制御機能により二次漏洩を防止するセキュリティソリューション。保護機能のみクラウド上で提供し、データはクラウド上に保管しない。

同サービスは、データ送信時に暗号化し、制御ポリシー、ユーザー管理、有効期限、アクセス情報管理などのポリシー情報を設定することが可能。受信者は、復号化後にポリシーに従った利用のみ許可され、さらに操作履歴を記録することで、事故発生時の原因究明が行える。

また特定したアプリケーションでは、受信者が編集後に返信することが可能で、協調作業などにも活用できるという。

(Security NEXT - 2010/09/10 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

メールの誤送信対策をクラウドで提供 - 富士通BSC
ESETにEDR製品が追加 - クラウド型サンドボックスも提供
ハイブリッド環境対応の上位版MSSを開始 - テクマトリックス
ウェブフィルタリング製品に新版、クラウドサービスも- キヤノンMJ
マカフィーとソフバンテク、「CASB」のMSS展開で協業
パロアルト、AI活用でセキュリティ業務を簡素化するプラットフォーム
ドコモとトレンド、IaaS基盤のIoTデバイス保護で新メニュー
ラックとNEC Asia Pacificが協業 - 中堅中小向け監視サービスを展開
「オフィス宅ふぁいる便」が機能強化 - 最大3Gバイトまで送信可能に
サイトの脆弱性を診断する月額制クラウドサービス - セキュアブレイン