Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

機密情報の保護機能をクラウド上で提供するサービス - 日本IBM

日本アイ・ビー・エムは、機密情報が委託先などから漏洩する「二次漏洩」を防ぐクラウドサービス「デジタル文書セキュリティー・クラウド・サービス」を10月より提供開始する。

同サービスは、データをやり取りする際に暗号化やアクセス管理、制御機能により二次漏洩を防止するセキュリティソリューション。保護機能のみクラウド上で提供し、データはクラウド上に保管しない。

同サービスは、データ送信時に暗号化し、制御ポリシー、ユーザー管理、有効期限、アクセス情報管理などのポリシー情報を設定することが可能。受信者は、復号化後にポリシーに従った利用のみ許可され、さらに操作履歴を記録することで、事故発生時の原因究明が行える。

また特定したアプリケーションでは、受信者が編集後に返信することが可能で、協調作業などにも活用できるという。

(Security NEXT - 2010/09/10 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

「クラウドコンピューティングのためのセキュリティガイダンス 第4版」が公開中
ハンモック、IT管理ソフトの新版 - レポート機能を強化
デジタルアーツ、iOS向けにフィルタリングアプリ - Safariなど全アプリに対応
NEC、「Box連携ソリューション」5種を開発 - SSOや個人情報検索など
NECとCEC、基幹系システムに対応した認証印刷ソリューション
三菱電機とグローリー、ネットカメラを用いた顔認証システムで協業
NRIセキュア、特権IDアクセス管理をSaaSで提供
ALSI、ウェブフィルタリングに新版 - アクセスデータから判定する新エンジン
シマンテック、エンドポイントに「おとり機能」を追加 - 複数のEDRオプションも
SDNやNFVで脅威封じ込め - IIJが実証実験