Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

斎場で事務所荒らし、霊園や火葬関係者の情報盗まれる - 飯盛霊園組合

大阪府の飯盛斎場において事務所が盗難被害に遭い、飯盛霊園の使用者や埋葬された故人、火葬申請者などの個人情報が盗まれたと発表した。

大阪府守口市、門真市、大東市、四條畷市が運営する同霊園組合によれば、9月6日夜、飯盛斎場の事務所に何者かが侵入し、施錠されていたロッカーが破壊され、個人情報のバックアップデータが持ち去られたという。

被害に遭ったデータには、9月1日時点における霊園使用者情報約2万400件、埋葬済み故人の死亡時の住所など約3万7400件のほか、火葬した故人および火葬申請者の情報含む火葬許可証写し約2万2500件などが含まれる。

被害届を提出したが、盗難物は見つかっていない。同霊園組合では、今回の事件を受け、保管情報の管理強化などを実施し、再発防止を目指すとしている。

(Security NEXT - 2010/09/09 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

顧客情報が保存されたレジが盗難 - 古着リサイクルショップ
防犯カメラ更新時にデータ削除前の機器が盗難被害 - 西鉄ホテルズ
会員の個人情報含むPCが盗難被害 - 筑西遊湯館
委託先医療機関で乳がん検診受診者のX線フィルムなど盗難 - 富田林市
県立高校で解答用紙が盗難、教諭が買い物途中に - 埼玉県
採用内定者の個人情報含む資料が所在不明 - 国立病院機構
店舗で金庫持ち去り、現金と顧客情報が被害に - ステーキのどん
小学校で施錠保管の家庭環境調査票が所在不明に - 大阪市
再委託先で顧客情報入りPCを飲酒後に盗難被害 - 東京ガス関係会社
ポイントカード申込書が金庫ごと盗難 - シャトレーゼ