Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

自然保護奨励金の振込口座情報約2700件含む磁気テープを紛失 - 神奈川県

神奈川県は、山林保有者の振込口座情報2712件を記録した磁気テープが、所在不明となっていることを明らかにした。

紛失したのは、自然環境を保護するため、自然環境保全地域や国定公園等指定区域内の山所有者へ交付している「自然保護奨励金」の振込口座情報2712件が記録された磁気テープ1本。受取人氏名、口座番号、金融機関名、振込金額などが含まれる。

2010年8月17日、情報システム課において磁気テープの管理状況を確認したところ、所在不明が発覚したもので、同県では金融機関が、自然保護奨励金の支払事務を確認するために2009年6月にテープを貸し出し、同月30日に返却を確認しているが、以降の所在がわからないという。

情報が外部へ流出したとの情報も確認されていない。庁舎内やテープ授受の記録などを調査したが見つかっておらず、同県では、関係者への説明や謝罪を進めている。

(Security NEXT - 2010/09/09 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

3店舗で顧客情報約2.4万件を紛失 - 福井信金
「宅ふぁいる便」で過去登録情報の流出があらたに判明
顧客情報含む資料を車の上に置いて走行中に紛失 - 大丸
印影など含む口座振替依頼書を紛失 - 高島屋京都店
本店で保管していた顧客情報含む伝票を紛失 - 沖縄銀
委託先が業務用端末と制服を置き忘れて紛失 - 東京ガス
25~35年前の一部カードローン契約書など、紛失が判明 - 熊本信金
システム不具合の通知メールで誤送信、メアド流出 - 沖縄タイムス
本人確認用の住民票写し、別人に返却 - 住信SBIネット銀
顧客情報含む伝票5469枚の所在わからず - 静岡中央銀