Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

仮想ブラウザなど危険サイトへの対策機能を強化 - 「Kaspersky 2011」

Kaspersky Labs Japanは、ジャストシステムを通じてコンシューマー向けセキュリティ対策ソフト「Kaspersky Internet Security 2011」「Kaspersky Anti-Virus 2011」を、9月17日より発売する。

「Kaspersky Internet Security 2011」は、ウイルス対策やファイアウォールやスパム対策搭載したセキュリティ対策ソフト。同製品のユーザーネットワーク「KSN」で収集した最新の脅威情報を検知システムに利用し、新種のウイルスに対応する。

最新版では、ウェブサイトの安全度を3段階で評価するセーフサーフ機能を搭載。マルウェアに感染するおそれのあるサイトやフィッシングサイトを事前に検知し、接続をブロックする。仮想環境下でウェブ閲覧が可能なセーフブラウザ機能を強化。オンラインバンキング利用の際には、自動で仮想実行に切り替えることができる。

このほかシステム上の不審な動作を検知した場合、発生前の正常な状態にロールバックできるシステムウォッチャーを追加。さらにセキュリティキーボードによる個人情報保護、子供の安全を守るペアレンタルコントロール機能、リスク評価ベースのアプリケーションコントロール機能など強化した。

価格は、PC3台まで1年間利用可能なパッケージ版が7140円、ダウンロード版が6279円。ウイルス対策に特化した「Kaspersky Anti-Virus 2011」は、ダウンロード版のみ用意しており、価格は4400円。

(Security NEXT - 2010/09/08 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

制御システムのセキュリティ規格「IEC62443」への準拠を支援 - マクニカ
小規模事業者やNPO向けにセキュリティハンドブックを配布 - NISC
Sophos、コンシューマー向けソフトに新版 - 検知エンジンを拡充
個人向けESET製品に新版、UEFIスキャン機能など追加
個人向けESET製品でモニターキャンペーン
SDNにより感染端末を隔離しない制御システム向けセキュリティソフト - IIJ
マカフィー、個人向け製品に新版 - パフォーマンス向上や家族向け機能
開発から運用まで保護するコンテナ向けセキュリティ製品 - クリエーションライン
Avastに新版、フィッシング対策や機密データ保護を強化
カスペ、個人向けセキュリティ対策ソフトに新版 - 脆弱性対策機能を強化