Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

仮想ブラウザなど危険サイトへの対策機能を強化 - 「Kaspersky 2011」

Kaspersky Labs Japanは、ジャストシステムを通じてコンシューマー向けセキュリティ対策ソフト「Kaspersky Internet Security 2011」「Kaspersky Anti-Virus 2011」を、9月17日より発売する。

「Kaspersky Internet Security 2011」は、ウイルス対策やファイアウォールやスパム対策搭載したセキュリティ対策ソフト。同製品のユーザーネットワーク「KSN」で収集した最新の脅威情報を検知システムに利用し、新種のウイルスに対応する。

最新版では、ウェブサイトの安全度を3段階で評価するセーフサーフ機能を搭載。マルウェアに感染するおそれのあるサイトやフィッシングサイトを事前に検知し、接続をブロックする。仮想環境下でウェブ閲覧が可能なセーフブラウザ機能を強化。オンラインバンキング利用の際には、自動で仮想実行に切り替えることができる。

このほかシステム上の不審な動作を検知した場合、発生前の正常な状態にロールバックできるシステムウォッチャーを追加。さらにセキュリティキーボードによる個人情報保護、子供の安全を守るペアレンタルコントロール機能、リスク評価ベースのアプリケーションコントロール機能など強化した。

価格は、PC3台まで1年間利用可能なパッケージ版が7140円、ダウンロード版が6279円。ウイルス対策に特化した「Kaspersky Anti-Virus 2011」は、ダウンロード版のみ用意しており、価格は4400円。

(Security NEXT - 2010/09/08 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

FFRI、個人や小規模事業者向けに「yarai 」を発売 - 「Mr.F」は販売終了
Avast、Mac向けセキュリティ対策ソフトの新版 - ランサム対策追加
ESET、次期版に「ふるまい監視機能」や「ホームネットワーク保護」
マカフィー、コンシューマー向けに新版をリリース - クラウドによる機械学習を活用
ノートン新版が登場 - 「ドラえもん」のような存在目指す
カスペ、コンシューマー向け製品に新版 - OS再起動時の感染を防止
「ウイルスバスター」に新版 - 機械学習と従来技術併用の強みを強調
NTT-AT、サイバー保険を付帯したセキュリティ対策ソフトを販売
無償ランサムウェア対策ツールに日本語版 - サイバーリーズン
トレンドマイクロ、NFV向けセキュリティVNFをリリース