Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

市民閲覧用の資料に障害者施設利用者の個人情報を誤記載 - 相模原市

相模原市は、社会福祉施設利用者2人や職員1人の個人情報が記載された報告書を、1年にわたって閲覧用として公開していたことを明らかにした。

同市によれば、市の補助金を受けて実施される社会福祉施設の改修工事の入札結果を公表した際、報告書に施設利用者2人、および施設職員1人の個人情報を誤って記載。そのまま市民閲覧用として公開したという。

報告書を作成した2009年8月から、市民の指摘を受けて個人情報を削除した2010年8月17日まで、1年にわたって記載されたままになっていた。原因は、報告書作成時のチェック不備としている。同市では、本人や家族に事情説明と謝罪を行った。

(Security NEXT - 2010/09/09 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

入試情報サイトで個人情報が閲覧可能に - 京都精華大
図書館のウェブサーバから個人情報流出の可能性 - 島根大
振込詐欺被害者の個人情報を誤ってネット公開 - 大阪府
長野県、なりすまし職員に公文書渡す - 確認口頭のみで
公開領域に残存した移行用データが外部流出、個人情報約1.2万人分 - HIS
統計調査員証を紛失、偽調査に注意呼びかけ - 市原市
仲介事業者情報へ外部からアクセス - 飯田産業
ポイントカード申込書が所在不明、2カ月分の郵送が未着 - キリン堂
職員採用試験で受験者本人以外の全受験票を誤交付 - 静岡県
保管文書台帳に個人名、配慮必要な情報も - 長崎県