Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

患者の氏名が記録された携帯端末機を紛失 - フクダ電子子会社

医療機器の製造、販売を展開するフクダ電子は、子会社のフクダライフテック常葉において、取引先医療機関の患者情報が記録された携帯端末の紛失が発生したことを明らかにした。

紛失したハンディターミナル端末には、取引先医療機関の患者1067人の氏名が記録されていた。氏名以外の個人情報や医療情報は含まれておらず、端末機にはパスワードが設定されていたという。

9月2日14時に子会社から紛失の報告を受けた。その後社内および周辺の捜索を行ったが見つからず、同日中に警察へ届け出ている。関係する医療機関に対しては、子会社から経緯説明および謝罪を行う。

(Security NEXT - 2010/09/03 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

患者の個人情報含むメールを第三者へ誤送信 - 大阪市
複数医療機関の患者情報含むUSBメモリが海外で盗難被害 - 福島県立医科大
医療機器メーカー元従業員が書類送検 - 患者や顧客、技術情報など不正持出
レターパックで送付した妊婦や乳児の健康診断受診票が所在不明
患者情報9000件含むUSBメモリが所在不明 - 富山市民病院
医療連携ネットワークで設定ミス、一部で同意なく閲覧可能に - 香川県
誤って持ち帰った患者情報が所在不明に - 横浜市立大付属医療センター
委託先医療機関で乳がん検診受診者のX線フィルムなど盗難 - 富田林市
診療予約サービスに不正アクセス - 患者情報約60万件が流出か
医療機関の患者情報含むUSBメモリを紛失 - エンパワーヘルスケア