Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

共用パソコンで利用した個人情報入りUSBメモリが所在不明に - 静岡県立高校

県立静岡商業高校の教諭が、生徒の成績データや連絡網などのべ721人分の個人情報が保存されたUSBメモリを紛失していたことがわかった。

紛失したUSBメモリには、2007年から2010年に教諭が担当した授業8科目に関する成績データのべ578件のほか、担当する部活動の部員106人分の部員名簿、および2008年度に担任したクラスの生徒37人分の連絡網や進路関係データなどの個人情報が保存されていた。

8月6日16時30分ごろ、職員室内の共用パソコンでメモリを使用後、接続したまま出張。9日13時ごろ出張から戻ってパソコンを確認したところ、USBメモリがなくなっていたという。周辺を捜索したがメモリは見つからなかった。

同校では夏休み明けの全校集会で生徒に説明と謝罪。対象となる卒業および保護者には文書で謝罪している。

(Security NEXT - 2010/09/03 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

教員が学生の個人情報含むUSBメモリを紛失 - 明星大
市内全世帯主の個人情報含むUSBメモリを紛失 - 津久見市
患者の個人情報含むUSBメモリを紛失 - 広島市民病院
医療機関の患者情報含むUSBメモリを紛失 - エンパワーヘルスケア
入試出願者の個人情報含むUSBメモリが所在不明 - 静岡県立大
学生の個人情報含むUSBメモリを紛失 - 昭和女子大
病院で患者情報含むUSBメモリが所在不明に
小学校教諭が個人情報含む私物USBメモリを紛失 - 柏市
学生の個人情報含むUSBメモリが所在不明に - 大阪工業大
患者情報含むUSBメモリを紛失 - 茨城県立中央病院