Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

MS、脆弱性による不正なライブラリのロードを防ぐ「Fix it」を公開

マイクロソフトは、一部アプリケーションにおいて外部ライブラリのロード方法に起因し、コードが実行される脆弱性が判明した問題で、脆弱性の緩和策として「Fix it」を公開した。

一部アプリケーションが、リモートネットワーク上のライブラリをアプリケーションがロードし、コードが実行される可能性が判明したもの。同社ではプログラム方法に起因するとして、8月にアドバイザリを公開。開発者へ情報提供を行うとともに、自社アプリケーションにおける影響について調査を進めている。

同社は、アドバイザリで「WebClientサービス」を無効にしたり、ファイアウォールの活用による緩和策の実施を一般ユーザーに対して推奨しているが、今回同社では、「Fix it」をあらたに用意した。

「Fix it」では、レジストリキーの適用により、「SMB」や「WebDAV」上のライブラリをについてロードを許可しないようにすることが可能で、影響を受けるアプリケーションの利用者に対して適用を呼びかけている。

(Security NEXT - 2010/09/02 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

Oracle、四半期定例パッチをリリース - 脆弱性301件を修正
CMSの「Drupal」に複数の深刻な脆弱性 - アップデートがリリース
オムロン製制御システム向けソフトに複数脆弱性 - コード実行のおそれ
「Java SE」にセキュリティアップデート - 脆弱性8件を修正
「Chrome 70」で脆弱性23件を解消
「VMware ESXi」などに深刻な脆弱性 - パッチがリリース
「Joomla」に5件の脆弱性を解消したセキュリティアップデート
Facebookへの攻撃、影響は約3000万人 - 15カ月にわたり個人情報なども収集か
Oracle、四半期定例パッチをリリース - 脆弱性334件を修正
PHPにコード実行の脆弱性、リスク「高」 - アップデートがリリース