Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

Mac OS Xの脆弱性を解消する「Security Update 2010-005」

Appleは、脆弱性を解消するMac OS X向けのセキュリティアップデート「Security Update 2010-005」をリリースした。

「Mac OS X 10.5.8」や「Mac OS X 10.6.4」などに含まれる13件の脆弱性を解消したもの。「Mac OS X Server 10.5」「Mac OS X Server 10.6」の不具合についても対応している。

今回のアップデートでは、「PHP」に関する6件の脆弱性を解消。リモートでコードが実行される可能性がある「Samba」の脆弱性1件に対処したほか、セキュリティ対策ソフト「ClamAV」や「libsecurity」などの脆弱性へ対応した

(Security NEXT - 2010/08/27 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

Mozilla、「Firefox 57.0.1」で脆弱性2件を解消
複数のバッファロー製ルータに脆弱性 - アップデートが公開
「Apache Struts 2」の「RESTプラグイン」に脆弱性 - DoS攻撃受けるおそれ
プリンストン製モバイルストレージに複数の脆弱性
「Movable Type」向け会員制サイト構築用プラグインなどにSQLiの脆弱性
10月にサポート終了したはずの「Office 2007」にもアップデート
Apple、「macOS High Sierra」向けに緊急アップデート - root権限取得できる問題へ対応
11月修正の「MS Office」脆弱性、攻撃受けるリスクが上昇
「macOS High Sierra」に誰でも容易にroot権限取得できる問題 - 対策の実施を
IT資産管理製品「QND」にディレクトリトラバーサルの脆弱性