Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

サポートスタッフを騙ってゲームアカウントを聞き出すフィッシング

G Data Softwareは、オンラインゲームのアカウント情報を窃取する攻撃がまん延しているとして、注意を呼びかけている。

同社によれば、オンラインゲームのアカウント情報を狙った攻撃が広がっており、2010年に入ってから検知された6万6500件の詐欺サイトやマルウェア配布サイトのうち、6.5%がPCゲーム関連のサイトだったという。

また、最近被害が広がっているあらたな手口の1つとして、「偽サポートスタッフ」があると指摘。ゲーム関連のフォーラムやチャットに紛れ込み、ゲーム会社のサポートのふりをしてパスワードなどアカウント情報を聞き出す。

盗み出されたアカウント情報は、裏市場で高値で取り引きされており、良質のデータ集であればドイツでは100ユーロ、アジアでは1万ドル以上の値がつくこともあるという。

同社ではオンラインゲームを安全に楽しむために、ファイアウォールやスパムフィルタ、HTTPフィルタなどを利用するほか、パスワードの使い分けや容易に推測できない文字列にするなど、対策を徹底するよう呼びかけている。

(Security NEXT - 2010/08/27 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

カスペ、サイバー攻撃対応のゲーム大会を開催 - オンラインでも参加可能
国内最大級のCTF「SECCON 2018」が開催 - 予選は10月、決勝は12月に
「W杯」便乗のサイバー攻撃に注意を - 選手の検索結果に危険が潜む場合も
ゲームプレイを強要するランサムウェア - データ欠損で復号不可のケースも
宛名印刷時の操作ミスで個人情報を誤送信 - JNSA
不正アプリ38種がGoogle Playで流通 - 広告目的か
【特別企画】スマート家電のセキュリティ実情と課題、専門家が講演
会員13万人以上の低価格DDoS攻撃サービスが検挙 - 1カ月約2000円、攻撃は400万回以上
トラフィック解析して不正な通信を遮断する家庭向けWi-Fiルータ
ルータ改ざんで誘導された不正アプリ、狙いは「韓国」か - 2要素認証コードを詐取する機能も