Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

サポートスタッフを騙ってゲームアカウントを聞き出すフィッシング

G Data Softwareは、オンラインゲームのアカウント情報を窃取する攻撃がまん延しているとして、注意を呼びかけている。

同社によれば、オンラインゲームのアカウント情報を狙った攻撃が広がっており、2010年に入ってから検知された6万6500件の詐欺サイトやマルウェア配布サイトのうち、6.5%がPCゲーム関連のサイトだったという。

また、最近被害が広がっているあらたな手口の1つとして、「偽サポートスタッフ」があると指摘。ゲーム関連のフォーラムやチャットに紛れ込み、ゲーム会社のサポートのふりをしてパスワードなどアカウント情報を聞き出す。

盗み出されたアカウント情報は、裏市場で高値で取り引きされており、良質のデータ集であればドイツでは100ユーロ、アジアでは1万ドル以上の値がつくこともあるという。

同社ではオンラインゲームを安全に楽しむために、ファイアウォールやスパムフィルタ、HTTPフィルタなどを利用するほか、パスワードの使い分けや容易に推測できない文字列にするなど、対策を徹底するよう呼びかけている。

(Security NEXT - 2010/08/27 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

オンラインゲーム「Identity V」、アンケートメールで送信ミス
ゲーム形式のサイバー攻撃対策演習に「運輸版」 - カスペ
精鋭ハッカー部隊「レッドチーム」で堅牢性向上図るMS - 秘密の舞台裏に迫る
子どものスマホ安全対策、約半数が利用せず - 有料アプリ利用は4.6%
「FF XIV」に断続的なDDoS攻撃 - 日欧米の全データセンターが標的に
大阪府警、サイバー犯罪防止のイメージキャラクターに「ロックマン」
2018年上半期のフィッシング、前期比2.7倍で過去最悪 - 銀行狙いは鎮静化
広告機能のみのアプリが「Google Play」で流通 - 紹介ページにある魅力的な機能はデタラメ
アカウント情報の闇相場、「銀行口座」など高値 - 攻撃者はPWリスト攻撃目的で入手か
深刻化するセキュリティ人材不足、金脈はゲーマーにあり?