Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

サポートスタッフを騙ってゲームアカウントを聞き出すフィッシング

G Data Softwareは、オンラインゲームのアカウント情報を窃取する攻撃がまん延しているとして、注意を呼びかけている。

同社によれば、オンラインゲームのアカウント情報を狙った攻撃が広がっており、2010年に入ってから検知された6万6500件の詐欺サイトやマルウェア配布サイトのうち、6.5%がPCゲーム関連のサイトだったという。

また、最近被害が広がっているあらたな手口の1つとして、「偽サポートスタッフ」があると指摘。ゲーム関連のフォーラムやチャットに紛れ込み、ゲーム会社のサポートのふりをしてパスワードなどアカウント情報を聞き出す。

盗み出されたアカウント情報は、裏市場で高値で取り引きされており、良質のデータ集であればドイツでは100ユーロ、アジアでは1万ドル以上の値がつくこともあるという。

同社ではオンラインゲームを安全に楽しむために、ファイアウォールやスパムフィルタ、HTTPフィルタなどを利用するほか、パスワードの使い分けや容易に推測できない文字列にするなど、対策を徹底するよう呼びかけている。

(Security NEXT - 2010/08/27 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

病院のインシデント対応を疑似体験できるシュミレーションゲーム
「Apple IDが10月13日に失効」と不安煽るフィッシング攻撃に注意
男子中高生の将来なりたい職業、トップは「ITエンジニア、プログラマー」
「Dirty COW」判明から約1年、初の対Android攻撃 - 危険なアプリが30万件以上
gumi子会社に不正アクセス - アイテムの不正配布やソースコード流出が発生
「モンスト」でメール誤送信、キャンペーン当選者のメアド流出
9月19日ごろよりDDoS脅迫メール出回る - 攻撃グループ「Phantom Squad」名乗る
カードゲーム「セキュ狼」が販売再開、感染端末発見ゲームも
スマホ向けRPG「陰陽師」のメルマガで誤送信 - メアドが流出
「Google Play」上に広告収入狙いのアドウェアが300件以上流通