Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

2010年上半期の脆弱性公表件数は36ポイント増 - 半数超がパッチなし

2010年上半期は、脆弱性公表件数が4割弱の増加となり、半数以上は期末になっても修正プログラムが提供されない深刻な状況であることがわかった。

IBMの研究チームがレポートとして取りまとめたもので、2010年上半期に同機関が公表した脆弱性は4396件。前年同期比36ポイント増加となり、そのうち55%は期末になっても修正プログラムが提供されなかった。

報告数の多い脆弱性はウェブアプリケーションに関するもので、全脆弱性の55%を占めており、増加傾向が続いている。またこうした数字に独自開発されたウェブアプリケーションは含まれておらず、未報告の脆弱性が多数潜在している可能性がある。

一方攻撃については、難読化されたJavaScriptによる攻撃が目立っており、前年同期比52ポイントの増加。PDFを悪用した攻撃の増加は2009年前半より確認されているが、2010年4月にはさらに急増を見せ、2010年前半の平均件数を37ポイント上回る攻撃が確認された。

(Security NEXT - 2010/08/27 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

企業向け認知度調査、もっとも高い「WannaCrypt」でさえ4割満たず
不正サイトのマルウェア拡散、「仮想通貨採掘ツール」にシフト - 相場高騰が後押しか
445番ポートへのパケットを継続して観測、「WannaCrypt」の影響収束せず
2017年3Qの脆弱性届け出は121件 - 前四半期から半減
2017年3Qの脆弱性登録は3695件 - 制御システム関連は99件
金融機関の3割でサイバー攻撃が発生 - 1割が「経営に影響」と回答
「ReadyNAS Surveillance」の脆弱性に対する攻撃 - 継続的に観測
ランサムウェアを6割が認知するも、4割強はバックアップ未実施
目立つ「HeartBleed」関連インシデント - ラック報告
2016年のモバイルセキュリティ市場は65億円 - 5年後には2倍に