Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

2010年上半期の脆弱性公表件数は36ポイント増 - 半数超がパッチなし

2010年上半期は、脆弱性公表件数が4割弱の増加となり、半数以上は期末になっても修正プログラムが提供されない深刻な状況であることがわかった。

IBMの研究チームがレポートとして取りまとめたもので、2010年上半期に同機関が公表した脆弱性は4396件。前年同期比36ポイント増加となり、そのうち55%は期末になっても修正プログラムが提供されなかった。

報告数の多い脆弱性はウェブアプリケーションに関するもので、全脆弱性の55%を占めており、増加傾向が続いている。またこうした数字に独自開発されたウェブアプリケーションは含まれておらず、未報告の脆弱性が多数潜在している可能性がある。

一方攻撃については、難読化されたJavaScriptによる攻撃が目立っており、前年同期比52ポイントの増加。PDFを悪用した攻撃の増加は2009年前半より確認されているが、2010年4月にはさらに急増を見せ、2010年前半の平均件数を37ポイント上回る攻撃が確認された。

(Security NEXT - 2010/08/27 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

16.5%の企業がCSIRT設置 - 1001名以上では4割
「Office」数式エディタの脆弱性狙うマルウェア、一時大きく増加
2018年3Qの脆弱性届出は177件 - ソフトとサイトいずれも増加
2018年3Q、脆弱性DBへの登録は3834件 - IPA
2018年2Q、TCP 80番ポート宛てのパケットが増加 - 「Mirai」影響で
SIPサーバの探索行為が再び増加 - IP電話乗っ取りに注意を
執拗な攻撃で組織へ侵入、感染するランサムウェア「SamSam」 - 被害は約590万ドルに
サーバなど4分の1の機器で不用意にポート公開 - サイト1割強がメンテ経路を開放
運用甘い脆弱なルータを狙う攻撃が大量発生 - 「WebLogic」脆弱性狙う攻撃にも注意を
「WordPress」のプラグイン狙う攻撃が急増 - 前四半期の10倍超に