Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

「ハンゲーム」が携帯やスマートフォンを使ったOTPを導入

NHN Japanが運営するPC向けインターネットゲームサイト「ハンゲーム」は、同社ユーザー向けに「ワンタイムパスワード」を導入、ベータ版サービスとして無償提供を開始した。

「ハンゲーム」にログインする際、従来のID、パスワードによる認証にくわえ、使い捨てパスワードである「ワンタイムパスワード」を追加したもの。携帯電話やスマートフォンをトークンとして利用し、画面に表示された6桁の使い捨てパスワードを入力して認証を行う。

同サービスの提供にあたっては、日本ベリサインの「ベリサインアイデンティティプロテクションオーセンティケーションサービス」を採用。今後もトークンを追加していく予定だという。

(Security NEXT - 2010/08/27 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

銀行装うマルウェア感染メールに注意 - 法人向けの文面なども
金融機関職員装い電話でワンタイムパスワードを聞き出す詐欺 - 情報収集のケースも
正規アプリ起動時に偽画面を最前面に表示、クレカ情報詐取する不正アプリ
デバイス証明書にも対応するクラウド向けSSOサービス - HDE
認証システム「RSA SecurID Access」に新版 - リスクベース認証を追加
ネットバンキングの不正送金、2016年は1291件で16.8億円の被害
「NEXON」装うフィッシングが再発 - 2016年末と同じ文面
「NEXON」装うフィッシング、「会員登録情報変更通知メール」で不安煽る
十八銀行で不正ログイン - 不正送金は確認されず
2016年上半期の不正送金、件数増となるも被害額は大幅減