Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

住民票や課税証明書など個人情報含む書類が所在不明 - 三重県

三重県は、健康保険組合に郵送した個人情報含む書類27件が、所在不明になっていることを明らかにした。

所在が不明になっているのは、医療費給付の対象者について、所得区分の照会を行うため三重県建設国民健康保険組合に対し郵送した書類。患者および保護者の氏名、住所、生年月日が記載された対象者連絡票、住民票、同意書、市町民税および県民税課税証明書など、27人分が含まれる。

7月22日に送付したが回答がないため、8月20日に電話で確認したところ、書類が未着であることが判明。関係各所を捜索し、また日本郵便に郵便事故調査を依頼したが見つからなかった。

同県では対象者に事情を説明し、医療費給付についても保険者と調整し、適切に対応すると説明している。

(Security NEXT - 2010/08/26 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

家計調査員が調査対象世帯の個人情報を紛失 - 三重県
三重県総合文化センターに不正アクセス、一部サービスを停止
顧客情報記載のガス検針票を紛失 - LPガス事業者
ラックと三重県警、共同対処協定を締結
警察庁、「伊勢志摩サミット」でのサイバーテロを警戒 - 開催地域に限らず日本全国が標的に
民生委員の実家で盗難、個人情報が被害 - 八千代市
流出件数は101万4653件 - 日本年金機構
労働力調査の対象者名簿を調査中に紛失 - 三重県
受講者情報入りCDを誤って委託事業者に配布 - 三重県
スポーツ指導者の個人情報を誤ってサイトで公開 - 三重県