Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

FFR、組込機器の脆弱性チェックツールを発売 - 約250万パターンを約2.5時間で検査

フォティーンフォティ技術研究所は、ネットワークへ接続する組込機器の脆弱性を検査できるソフト「FFR Raven」を発売した。

同製品は、ネットワーク機器や携帯端末、情報家電をはじめ、ネットワークへの接続機能を備えた組込機器に潜在している「バッファオーバーフロー」や「整数オーバーフロー」「フォーマットストリング」といった脆弱性を検出できるWindows向けソフトウェア。

対象のIPアドレスを入力し、同社アルゴリズムにより異常なパケットの組み合わせを自動生成して送信。異常の発生をモニタリングすることで機器の脆弱性を発見できる。検査項目を選択するだけで利用可能で、約250万パターンの組み合わせを約2.5時間で検査できるという。

ライセンス料金は、企業単位で契約し、台数無制限で利用できる「年額包括ライセンス」が500万円。3台まで利用できる月額PC数限定ライセンスが50万円。

(Security NEXT - 2010/08/25 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

IBM、自動車やSCADAにも対応するセキュリティテストサービス - ヒューマンリスクも判断
キヤノンITS、Clavister製UTMを発売 - IoTへの応用も検討
組込用SSL/TLSスタック「MatrixSSL」に深刻な脆弱性
自宅は大丈夫? - 「HDDレコーダー」など家庭内IoT機器にマルウェアが浸食中
トレンド、システムをロックダウンしてマルウェア侵入を防ぐソフト最新版
国際会議「CODE BLUE」の全セッションが決定 - IoTやモバイル、Macなども
SECCON地方予選第1弾は「ゲームの攻防戦」がテーマ - 組込機器開発との異種交流目指す
NRIセキュア、組込機器の安全性診断サービスを開始
IPA、脆弱性減らすために「ファジング」の普及活動を展開
フォティーンフォティ技術研究所とサイバーディフェンス研究所が業務提携