Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

「クリプト便」が1Gバイトのファイルを送受信可能に

NRIセキュアテクノロジーズは、セキュアファイル交換サービス「クリプト便」に、大容量ファイルを扱える新コースを追加した。

同サービスは、送受信経路とメッセージ保管時の暗号化、送信後のキャンセル機能、送受信ログの取得など備えたファイル送受信サービス。

今回提供される新コースでは、最大1Gバイトのファイル送受信を実現。また従来の日本語と英語にくわえ、中国語の操作画面を追加するとともに、テキスト入力枠がUnicodeに対応。多言語のメッセージ入力が可能になった。

利用料は、最小20ユーザーで月額2万1000円から。初期費用やオプション費用が別途必要。

(Security NEXT - 2010/08/26 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

ファイル送受信サービス「クリプト便」にファイル共有オプション
ウォッチガード、UTM向けに新版OS - Cylanceのマルウェア対策エンジンを採用
NEDO、重要インフラ事業者間の情報共有基盤を開発 - 日立がサービス化
ハードや通信を調査する「IoTセキュリティ診断サービス」 - ラック
コネクテッドカー向けSaaS型異常検知ソリューションを提供開始 - アズジェント
産業用ドローンにセキュリティガイド - リスクや業務運用の注意点など解説
日立、ランダムノイズで解読防ぐあらたな暗号通信技術を開発
「NIRVANA改」ベースのサイバー攻撃可視化システムに機械学習エンジンを追加 - dit
NEC、「Box連携ソリューション」5種を開発 - SSOや個人情報検索など
DJI、ドローン操縦アプリにインターネット接続を停止するモード