Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

Web 2.0のセキュリティリスクの責任、日本は法務部門、海外はエンドユーザー

チェック・ポイント・ソフトウェア・テクノロジーズは、主要5カ国のITセキュリティ管理者を対象に実施した調査「Web 2.0 Security in the Workplace」の結果を発表した。

同調査は、同社と調査会社Ponemon Instituteが、日本、米国、イギリス、フランス、オーストラリアのITセキュリティ管理者約2100人を対象に、今年4月に実施したもので、業務中のいわゆる「Web 2.0サービス」の使用リスクに対する意識についてまとめた。日本の回答者は約400人。

「Web 2.0」に対する懸念の声が調査対象国のなかでもっとも多いのが日本で、82%が企業のセキュリティを大幅に低下させていると回答。そのうち71%は5年以内に対応するセキュリティソリューションの導入を考えており、69%はセキュリティリスクを抑えることは非常に重要であると回答した。

Web 2.0の使用に伴い最も懸念される問題として、日本ではウイルスなどのマルウェアやボットネットを挙げる傾向が見られた。一方、他国では業務効率の低下やデータの流出を挙げるなど、国によって差が見られた。

(Security NEXT - 2010/08/24 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

「WannaCrypt」騒ぎから1年経過するも国内端末の1割に感染リスク
約6割のCISOが非役員 - 「課長級以下」も12.5%
投資家が懸念するリスクのトップは「サイバー脅威」 - PwC調査
37%が迷惑行為などオンラインリスクを経験 - 加害者の2割が家族や知人
なくならない「WannaCrypt」の検出 - 国内で少なくとも1900台が脆弱性を放置か
コネクテッドカーへのサイバー攻撃、約8割「標的になると思う」
自動運転に半数弱が「関心あり」 - サイバー攻撃対策求める声も
8割強がパスワードを使い回し - 15.5%は全パスワードを1種類で
検索結果が危険な有名人 - CMでも歌声披露した「あの人」も
約4割の組織で重大被害 - 売上機会損失など含む平均被害額は2.3億円