Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

Web 2.0のセキュリティリスクの責任、日本は法務部門、海外はエンドユーザー

チェック・ポイント・ソフトウェア・テクノロジーズは、主要5カ国のITセキュリティ管理者を対象に実施した調査「Web 2.0 Security in the Workplace」の結果を発表した。

同調査は、同社と調査会社Ponemon Instituteが、日本、米国、イギリス、フランス、オーストラリアのITセキュリティ管理者約2100人を対象に、今年4月に実施したもので、業務中のいわゆる「Web 2.0サービス」の使用リスクに対する意識についてまとめた。日本の回答者は約400人。

「Web 2.0」に対する懸念の声が調査対象国のなかでもっとも多いのが日本で、82%が企業のセキュリティを大幅に低下させていると回答。そのうち71%は5年以内に対応するセキュリティソリューションの導入を考えており、69%はセキュリティリスクを抑えることは非常に重要であると回答した。

Web 2.0の使用に伴い最も懸念される問題として、日本ではウイルスなどのマルウェアやボットネットを挙げる傾向が見られた。一方、他国では業務効率の低下やデータの流出を挙げるなど、国によって差が見られた。

(Security NEXT - 2010/08/24 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

16.5%の企業がCSIRT設置 - 1001名以上では4割
安全以前に「安さ」へ目が行くホリデーシーズン
「Office」数式エディタの脆弱性狙うマルウェア、一時大きく増加
公衆無線LANでのVPN利用5.9% - 3割をVPNを知らず
国内クラウドセキュリティ市場、前年比19.7%増
ネット検索が危険なセレブ - 首位は初のオーストラリア出身
外部委託先を6割弱が「Excel」で管理 - 「紙」は31.9%
約5万台のMQTTサーバが公開状態 - 国内でも1012台が稼働
4社に1社がパーソナルデータを利活用 - 検討含めると5割弱
大手企業の約9割、サイバー攻撃対応に自信 - 5割超で演習など実施