Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

Windowsシェルの脆弱性を悪用する「Stuxnet」が急増 - ESETレポート

キヤノンITソリューションズは、ESETが7月にマルウェアの追跡システム「ThreatSense.Net」で検知したマルウェアの状況について公表した。

7月は、マルウェアランキングの上位に変動はなかったものの、1位の「Win32/Conficker」は全体に占める割合が12.47%に上昇している。2位の「INF/Autorun(5.9%)」と2倍以上の差をつけるなど、依然として突出している。

一方、ランキング下位には動きがあり、8位に「Win32/Dursg.A」があらたにランクインした。同マルウェアは、ロシアから拡大していると推定されるトロイの木馬で、検索結果からアドウェアがホストされたサイトにリダイレクトする。またP2Pネットワークなど複数の感染経路を持つのも特徴だという。

10位には、前回35位から浮上した「Win32/Oficla.GN」が入った。感染するとウェブ経由でほかのマルウェアをダウンロードして実行する。対策として、プログラムのインストールや実行ができないようユーザー権限を制限するのも有効だとしている。

(Security NEXT - 2010/08/23 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

2017年の新種ランサムウェア、前年比62%増 - 「WannaCrypt」検出、日本は2位
メール添付で4月も多数流通、請求書などに偽装するマルウェア
仮想通貨発掘マルウェア4割認知せず - 2割強は広告代わりに発掘を許可
企業3割、標的型攻撃メールを受信 - 17%がマルウェア感染
「WannaCrypt」騒ぎから1年経過するも国内端末の1割に感染リスク
2018年1Qはコインマイナーが2.2倍、ランサムは315分の1に
2018年1Qの「標的型攻撃メール」は101件 - 標的の8割がプラント関係者
国内のMirai亜種感染機器からの通信が3月に増加 - 背景に「akuma」
減少傾向続く新種マルウェア、1カ月あたり4000万件割り込む - 1年間で半数以下に
1割超の企業が過去1年間に内部不正の情報漏洩を認知 - DDoS攻撃も1割弱