Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

Windowsシェルの脆弱性を悪用する「Stuxnet」が急増 - ESETレポート

キヤノンITソリューションズは、ESETが7月にマルウェアの追跡システム「ThreatSense.Net」で検知したマルウェアの状況について公表した。

7月は、マルウェアランキングの上位に変動はなかったものの、1位の「Win32/Conficker」は全体に占める割合が12.47%に上昇している。2位の「INF/Autorun(5.9%)」と2倍以上の差をつけるなど、依然として突出している。

一方、ランキング下位には動きがあり、8位に「Win32/Dursg.A」があらたにランクインした。同マルウェアは、ロシアから拡大していると推定されるトロイの木馬で、検索結果からアドウェアがホストされたサイトにリダイレクトする。またP2Pネットワークなど複数の感染経路を持つのも特徴だという。

10位には、前回35位から浮上した「Win32/Oficla.GN」が入った。感染するとウェブ経由でほかのマルウェアをダウンロードして実行する。対策として、プログラムのインストールや実行ができないようユーザー権限を制限するのも有効だとしている。

(Security NEXT - 2010/08/23 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

JALのBEC被害、ビジネスパーソン認知度は25.4% - 「漫画村」は33.5%
フィッシング報告、前月比1.5倍に - 誘導先URLも1.2倍に
2017年の国内IoTセキュリティ製品市場は624億円、前年比20.5%増
約3人に1人がマルウェアなどの被害を経験 - カスペまとめ
2018年度上半期の標的型攻撃相談155件 - 添付ファイル暗号化、PW別送の手口に注意
「Office」数式エディタの脆弱性狙うマルウェア、一時大きく増加
定義ファイル非依存の標的型攻撃対策製品市場、前年比29.9%増 - 今後も高成長との予測
フィッシング攻撃が小規模化、誘導先を次々変化 - 対策製品がまにあわないケースも
2018年3Q、不正プログラム検出数が前期比約6分の1に - ウイルスも半減
広告関連のPUAやマルウェアで検出全体の7割弱 - ESET