Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

中小企業の42%が過去に情報漏洩を経験 - シマンテック調査

シマンテックは、2010年中小規模企業情報保護調査の結果を取りまとめた。42%が過去に情報漏洩を経験し、73%が過去1年の間にサイバー攻撃を受けていたことがわかった。

同調査は、世界28カ国にある従業員数10人から499人の中小規模企業2152社の経営陣とIT部門の意思決定者を対象として、2010年5月に実施されたもの。

調査結果によれば、企業のリスクに対する関心が、従来の自然災害や犯罪活動、テロ攻撃が中心だったが、情報漏洩やサイバー攻撃に移っているという。企業の74%が情報漏洩に懸念を持っており、実際に42%が過去に情報漏洩を経験していた。

なかでも機器の紛失による漏洩が目立っており、過去1年の間に、3分の2に当たる企業でノートPCやスマートフォン、iPadなどの紛失が発生。すべての企業において、パスワード保護やデータのリモート削除など、情報漏洩対策が実施できないケースを経験していた。

サイバー攻撃も企業にとって深刻な脅威となっている。73%の企業が、過去1年間にサイバー攻撃を受けたと回答し、そのうち攻撃が成功したと見られるケースは30%にのぼった。またすべての回答企業が、システム停止や個人情報、クレジットカード情報の漏洩など損失を経験している。

中小企業は年平均5万1000ドル、およびITスタッフの労働時間の3分の2を情報保護に費やしているという結果も出ている。しかし、自社の情報保護対策を評価している企業は23%にとどまった。

(Security NEXT - 2010/08/20 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

2017年の個人情報漏洩は386件、想定損害賠償額は1914億円 - JNSAまとめ
マイナンバー関連事故は374件、前年度から倍増 - 5件は「重大な事態」
フィッシング報告数が2700件と高水準 - 「Apple」関連が約65%
企業3割、標的型攻撃メールを受信 - 17%がマルウェア感染
情報漏洩対策製品の国内市場、2017年は前年比2%増
検索可能なネット表層さまようアカウント情報約22億件 - 流出事故とも一致
サイバー攻撃の脅威高まるプラント分野に「セキュリティマニュアル」 - 「データ契約ガイドライン」も
2018年1Qの脆弱性届出は138件 - 前四半期から倍増
2018年1Qの脆弱性登録は3113件 - Linux関連が上位に
企業間のパーソナルデータ共有、肯定派と否定派が拮抗 - 漏洩へ強い懸念