Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

W杯に代わって原油流出事故や経済関連スパムが増加 - シマンテックレポート

シマンテックは、7月のスパムメールの動向をまとめた。フィッシング攻撃やマルウェア添付スパムは減少したものの、スパムの割合は増加し9割を超えている。

同レポートは、同社が調査用に用意した200万件のアカウントを使用し、世界20カ国から収集したメールをもとに、スパムに関する傾向を分析したもの。7月の流通メールに占めるスパムの割合は91.89%で、6月の88.32%から上昇した。

一方、6月に増加傾向を見せたマルウェア添付スパムは減少。これにともない、容量10Kバイト以上のスパムが9ポイント減少した。

フィッシング攻撃も、6月から5ポイント下降したほか、フィッシングツールキットを使って作成されたフィッシングサイトについては60ポイント、URLにIPドメインが含まれるフィッシングサイトも48ポイント下落するなど半減し、全体的な減少傾向にあるなかで、特定URLに対する攻撃は10ポイント増加した。

(Security NEXT - 2010/08/19 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

約3人に1人がマルウェアなどの被害を経験 - カスペまとめ
企業3割、標的型攻撃メールを受信 - 17%がマルウェア感染
減少傾向続く新種マルウェア、1カ月あたり4000万件割り込む - 1年間で半数以下に
マルウェア亜種の減少傾向続く - マルウェアメールの割合は上昇
2017年3Qの新種マルウェア、10%増となる5760万件 - マカフィーまとめ
12月はマルウェアメールの割合が上昇 - ボットネット「Necurs」が活発化
マルウェア亜種の減少傾向続く - 一方でスパムは増加
10月のマルウェアメール、7カ月ぶりに減少 - 新種マルウェア5000万件割る
マルウェア感染メールの割合が6カ月連続増加 - 「Locky」の拡散も
検索結果が危険な有名人 - CMでも歌声披露した「あの人」も