Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

「Adobe Reader」定例外アップデート、19日に公開予定

米Adobe Systemsは、「Adobe Reader」や「同Acrobat」に深刻な脆弱性が見つかった問題で、定例外のアップデートを8月19日より提供すると発表した。

同社では、当初より定例のアップデートを10月12日に予定しているが、「同9.3.3」や「同8.2.3」に「TrueTypeフォント」の処理に関する深刻な脆弱性「CVE-2010-2862」が判明したことから、急遽アップデートを提供するもの。

同社では、セキュリティアドバイザリを公表し、8月16日の週に提供するとの見通しを示していたが、19日にスケジュールが決定したもので、各プラットフォーム向けに提供される予定。

(Security NEXT - 2010/08/18 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

「Chrome 71.0.3578.98」がリリース、UAFの脆弱性を解消
DB管理ツール「phpMyAdmin」に深刻な脆弱性 - 修正版が公開
「Firefox 64」がリリース - 深刻な脆弱性などを修正
MS、2018年最後の月例セキュリティ更新 - 一部脆弱性でゼロデイ攻撃も
「Adobe Acrobat/Reader」、脆弱性87件に対処 - 当初予定より高い重要度
「Amazon FreeRTOS」の複数脆弱性、詳細公表される - コード実行やDoSのおそれ
「Symfony」のフォームコンポーネントに脆弱性 - アップデートがリリース
「Adobe Acrobat/Reader」のアップデート、12月11日にリリース予定
PHPがセキュリティアップデート - 5.6系と7.0系がサポート終了へ
Apple、「iOS 12.1.1」をリリース - 脆弱性20件を修正