Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

他ソフトと併用できる情報窃取対策ソフト「Zemana AntiLogger」

アイアールティは、キーロガーをはじめとするマルウェアの挙動を監視し、情報窃取の被害を防止するZemana製ソフト「Zemana AntiLogger」を9月17日より発売する。

同製品は、マルウェアによるIDやパスワード、クレジットカード番号などの情報窃取を防止するセキュリティ対策ソフト。キー入力やSSL通信、ウェブカメラの画像、クリップボードの内容、ハードウェアに関する情報など、不正に取得するマルウェアへの対策機能を備えているほか、レジストリや物理メモリへの不正な書き込み、モジュールへのコードインジェクション、ルートキットのインストールなどを防御できる。

またセキュリティ対策ソフトやファイアウォール、暗号化ソフトなどとの互換性に配慮しており、多くの製品と併用が可能だという。さらに定義ファイルを更新する必要なく、同製品に対する攻撃を防ぐ自己防衛機能を備えている。

価格は、1年版1ライセンスのパッケージ製品が3780円、ダウンロード版が3150円。複数ライセンス版や複数年版も用意している。

(Security NEXT - 2010/08/18 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

10月以降、「DreamBot」の感染被害が拡大 - リンク付きメールに注意
「会員情報変更」を装う偽楽天メール、11月6日ごろより増加
不正送金マルウェア「Ursnif」、日本を集中攻撃 - 金融機関以外も標的に
ハンモックのIT管理製品「AssetView」に複数の脆弱性
ソリトン、アカウント情報の漏洩状況を調べるサービス
「Dirty COW」判明から約1年、初の対Android攻撃 - 危険なアプリが30万件以上
目立つ「HeartBleed」関連インシデント - ラック報告
サービス全体を対象としたIoT脆弱性診断 - サイバートラスト
ペアリング不要、近隣端末を「Bluetooth」乗っ取れる「BlueBorne」 - 53億台に影響か
茶類の通販サイトでクレカ情報流出の可能性 - 「Magento」の脆弱性突かれる