Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

ショートカット脆弱性を悪用する攻撃が1位、今後も要警戒 - Dr.Webまとめ

ネットフォレストは、Doctor Webによる7月のウイルスおよびスパムの動向を取りまとめた。「Windowsシェル」の脆弱性を悪用するウイルス「Trojan.Stuxnet」の拡大が確認されている。

7月に同社製品がメールトラフィックやユーザーのPC上で検出したマルウェアの総数は、5万5035件。7月は、「Windowsシェル」の脆弱性を攻撃し、細工した「ショートカットファイル」で攻撃する「Trojan.Stuxnet」の動きが活発だった。

最初に検知された「Trojan.Stuxnet.1」は、ユーザーPC上の検出ウイルスランキングで6位に入り、同じ脆弱性への攻撃を総称した「Exploit.Cpllnk」は数日で1位に入ったという。

8月3日に、同脆弱性を修正する定例外のパッチが公開されたが、リムーバブルメディア経由で感染するケースもあり、今後もしばらくは感染被害が続くと同社では分析している。

(Security NEXT - 2010/08/18 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

過去1年に1.5%がクレカの不正利用被害を経験 - 平均被害額は3万8733円
2018年3Q、不正プログラム検出数が前期比約6分の1に - ウイルスも半減
「偽警告」「不正ログイン」の相談、減少するも依然多くの相談
ネットユーザーの6割弱がバックアップ未実施 - 復旧予算は5000円以下が8割
「ウイルス検出の偽警告」相談が2.7倍に - 「不正ログイン」関連も増加
不正送金マルウェア「Ursnif」の検出が急増 - コインマイナーは大幅減
企業3割、標的型攻撃メールを受信 - 17%がマルウェア感染
2018年1Qはコインマイナーが2.2倍、ランサムは315分の1に
2018年1Qの不正アクセス届出は11件、7件で被害 - 「不正ログイン」相談は52件
過去1年間に経験したネット犯罪被害、最多は「詐欺メール」