Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

ゲーム内のチャット誘導するフィッシング - トップページの「偽告知」まで用意

スクウェア・エニックスのオンラインゲームサイト「PlayOnline」を装ったフィッシング詐欺サイトが見つかった。すでにサイトは停止している。

今回確認されたのは、同サイトで提供されている「ファイナルファンタジーXI」の管理者になりすまし、「8周年の記念品を提供する」などと騙すメッセージをゲーム内でユーザーへ送信、不正サイトへ誘導してアカウント情報を入力させる手口。トレンドマイクロが確認した。

今回のフィッシング攻撃では、誘導時に不自然な日本語が利用されたり、アクセス先のページが英文であるなど不審な点があるものの、スタイルシートが正規サイトのものを利用するなどデザインが酷似しており、スクリプトファイルも正規サイトのものを呼び出しており、ソフトウェアキーボードが動作していたという。

さらに同一サーバ上には、アカウントの入力ページだけでなく、模倣した偽のトップページも設置されており、チャットで不正サイトへの誘導で利用された「記念品」の受け取り方法に関する告知を掲載するなど手が込んでいた。

トレンドマイクロでは、今後も同様の攻撃が発生する可能性があるとして、URLから正規サイトであるか確認し、誤ってアカウント情報を入力しないよう注意を呼びかけている。

(Security NEXT - 2010/08/17 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

「bitFlyer」を装うフィッシング - アカウント情報や仮想通貨を詐取
メールボックスの振る舞いを機械学習するフィッシング対策ソリューション
「MyEtherWallet」装うフィッシング攻撃に注意 - 複数URLで稼働
書き出しが「Appleをご利用いただきありがとうございますが、」のフィッシングメール
セゾンカード利用者狙うフィッシング - 「IDを暫定的に変更」とだます手口
偽ソフトバンクによる「緊急のご連絡」に注意 - 「Apple IDが不正利用」と不安煽るフィッシング
「MUFGカード」のフィッシングサイトが大量発生 - 「三菱UFJニコス銀行」名乗り送信
「Apple」ユーザー狙うフィッシング - 「静岡からアクセスあった」と不安煽り、あらゆる情報を詐取
アンケート回答で「iPhone Xプレゼント」とだます「偽日本郵便」に注意を
クレカ番号詐取による被害が増加、JC3が注意呼びかけ