Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

公売落札者や市税滞納者の個人情報を誤送付 - 人吉市

熊本県人吉市は、市税滞納者に公売会の落札結果を発送した際、ほかの滞納者や落札者の個人情報が記載された内部資料を誤って添付していたことを明らかにした。

同市によれば、2010年6月と7月に実施された差し押さえ品の公売会の配当計算書を、8月6日に市税滞納者7人に発送。その際に本人以外の滞納者の氏名や、落札者10人分の氏名、住所、電話番号などが記載された内部資料を誤って送付したという。

8月9日、書類を受け取った1人から連絡があり判明。対象となる滞納者7人および落札者10人を個別訪問し、説明と謝罪を行うとともに、書類を回収した。

同市では、担当者が不慣れで繁忙期が重なったことから作業ミスが発生したとし、さらにチェック体制の不備があったとして、事務手順の見直しを検討するとしている。

(Security NEXT - 2010/08/17 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

宿泊者予約者の個人情報をメールで誤送信 - 京急EXイン
県立高で個人情報含むファイルを誤送信 - 新潟県
顧客の個人情報含むファイルを誤ってメールに添付 - エコランド
顧客のメアド含むファイルを誤ってメールに添付 - ブランディア
会員のメールアドレスリストを誤送信 - 医療人材紹介会社
段ボール箱開き個人情報含む書類がトラックから飛散 - 岩国市
メール送信先リストを誤ってメールへ添付 - マウスコンピューター
堺市、PCに顔認証を導入 - 有権者情報の流出を受けて
電気通信事業者担当者の個人情報をメールに誤添付 - 総務省
転送ミスで学生の個人情報を第三者へメール送信 - 兵庫教育大