Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

NTTコム、北欧のMSSベンダーを完全子会社化 - グローバル展開企業へのサービスを強化

NTTコミュニケーションズは、スウェーデンのセキュリティベンダーであるSecodeの全株式を取得し、子会社化したと発表した。

Secodeは2000年に設立され、スウェーデン、ノルウェーでセキュリティオペレーションセンターを運用しているほか、フィンランド、オランダ、デンマークなど北欧を中心とした5カ国に拠点を展開しているセキュリティベンダー。IDSやIPSをはじめ、ログマネジメント、脆弱性分析、データ紛失防御、ウイルス対策など含むマネージドセキュリティサービスやコンサルティングを提供している。

NTTコムでは、同社や2009年10月に資本提携した独IntegralisのSOC間における連携を実現。グローバル展開する顧客における北欧地域でのサービス強化を目指す。

(Security NEXT - 2010/08/16 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

「Flash Player」狙いのゼロデイ攻撃、3カ月前から準備か - 給与関連書類を偽装、C&Cは偽求人サイト
緊急対応支援、「サーバ不正侵入」が半数超 - 仮想通貨発掘スクリプトが埋め込まれる被害も
「シンガポール支店」開設で海外事業を拡大 - ラック
国内最大級のCTF「SECCON 2018」が開催 - 予選は10月、決勝は12月に
米朝首脳会談の影響で韓国に対する攻撃が増加 - 周辺国関連組織が関与か
個人情報含むPCを従業員が紛失 - うるる
スマートファクトリーのセキュリティ対策評価フレームワークを開発 - KPMG
LINEら4社が「サイバー防災訓練」 、テーマは「フィッシング詐欺」 - アルコ&ピース平子祐希さんも登場
セキュアブレイン、ウェブアプリのソースコード診断を開始
複数ネットワーク機器に感染する「VPNFilter」が判明 - 少なくとも54カ国50万台に感染か