Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

NTTコム、北欧のMSSベンダーを完全子会社化 - グローバル展開企業へのサービスを強化

NTTコミュニケーションズは、スウェーデンのセキュリティベンダーであるSecodeの全株式を取得し、子会社化したと発表した。

Secodeは2000年に設立され、スウェーデン、ノルウェーでセキュリティオペレーションセンターを運用しているほか、フィンランド、オランダ、デンマークなど北欧を中心とした5カ国に拠点を展開しているセキュリティベンダー。IDSやIPSをはじめ、ログマネジメント、脆弱性分析、データ紛失防御、ウイルス対策など含むマネージドセキュリティサービスやコンサルティングを提供している。

NTTコムでは、同社や2009年10月に資本提携した独IntegralisのSOC間における連携を実現。グローバル展開する顧客における北欧地域でのサービス強化を目指す。

(Security NEXT - 2010/08/16 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

宿泊者予約者の個人情報をメールで誤送信 - 京急EXイン
米McAfee、「CASB」のSkyhigh Networksを買収
NTTセキュリティら、IoTセキュリティの学習プログラム - 技術検証環境を無償提供
SOMPO HD、セキュリティ事業に参入 - 対策などワンストップで提供
政府、「サイバーセキュリティ月間」関連行事の募集を開始
ICクレジットカード取扱店向けにロゴマーク - 日本クレジット協会と経産省
「SECCON 2017」オンライン予選の登録受付が開始
サービス案内メール誤送信で顧客のメアド流出 - 人材支援サービス会社
NEC、「Box連携ソリューション」5種を開発 - SSOや個人情報検索など
元従業員が取引先情報を無断持出 - システム開発会社