Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

館内PC9台にウイルスが混入、イベント参加者に感染のおそれ - 鉄道博物館

鉄道博物館の館内施設に設置されたパソコン9台が、ウイルスに感染していたことがわかった。同館ではPCを利用する夏休み向けのイベントを開催しており、来館者が持ち込んだリムーバブルメディアを利用している場合、ウイルスに感染しているおそれがある。

同博物館の「デザインラボ」に設置されているパソコン26台のうち9台からウイルスが検出されたもので、8月11日の時点で、リムーバブルメディア経由で拡大する「MAL_OTORUN2」をはじめ、「WORM_TATERF」「MAL_KRAPS」へ感染していたことが判明したという。

同施設では7月12日から8月8日まで、持参した画像などを利用してオリジナルハガキを作成できるイベント「暑中お見舞いのハガキを作ろう!」を開催しており、イベント参加者がリムーバブルメディアを施設内のPCに接続している場合、ウイルスに感染している可能性がある。

同館ではウイルス感染の判明を受けて8月9日にイベントを中止。原因究明のための調査を進めている。原因やイベント再開時期については未定で、判明次第発表する予定。

(Security NEXT - 2010/08/17 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

10月以降、「DreamBot」の感染被害が拡大 - リンク付きメールに注意
セキュリティ対策の注意喚起メールが実はマルウェアメール - 実在するアナウンスを盗用
悪用難しいと思われた「Office脆弱性」、公表2週間でマルウェアに - Visa偽装メールで拡散
ギフト券30万円分の受注に見せかけたマルウェアメールが流通
金融機関や物流事業者名乗るマルウェアメールに注意を
米警告の北朝鮮サイバー攻撃 - 国内では未確認
「Ursnif」の感染活動で複数のサンドボックス回避技術を利用
北朝鮮サイバー攻撃の脅威データを「STIX」で公表 - 「FALLCHILL」「Volgmer」の感染チェックを
銀行装うマルウェア感染メールに注意 - 法人向けの文面なども
「会員情報変更」を装う偽楽天メール、11月6日ごろより増加