Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

運用サーバに不正アクセス、漏洩や改ざんは発生せず - 丸紅インフォテック

丸紅インフォテックは、同社が運用するサーバが、海外より不正アクセスを受けたことを明らかにした。ファイルを設置されたが、情報漏洩や改ざんなどは確認されていない。

同社によれば、運用するサーバ1台に対し、7月27日にインドネシアのIPを発信源とする不正アクセスが発生したもの。「Gumblar」による攻撃ではなかったが、サーバ上にファイル1件が設置された。

同社ではサーバをネットワークから切断してサービスを停止。調査を実施した結果、データの改ざんや消去などは確認されておらず、外部への情報漏洩もなかったという。問題のサーバは現在も隔離されており、同社では権限の見直しや脆弱性テストを実施した上であらたなサーバで再開するとしている。

(Security NEXT - 2010/08/12 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

海外子会社に不正アクセス、顧客情報流出の可能性 - 野村HD
学内サーバや教育システムに不正アクセス、個人情報が流出 - 佐賀県
通販サイトに不正アクセス、アカウント情報が流出か - 京都の飲食店
アカウント情報3.7万件が海外サイト上に流出 - キルフェボン
「セシール」不正ログイン、攻撃リストの顧客ID合致は事前抽出が原因 - 情報流出を否定
不正アクセスで停止のメルマガ、配信を再開 - 熊本県
「プレミアム・アウトレット」からの流出データ、5カ所で公開を確認
通販サイトに不正アクセス、アカウント情報が海外サイトに - 人気洋菓子店
「セシールオンラインショップ」に不正アクセス - 攻撃リストが顧客IDと一致
旧サーバ内の個人情報最大9.2万人分が流出の可能性 - 森永乳業の通販サイト