Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

兵庫の就職支援サイトにフィッシング詐欺サイトが設置 - 個人情報漏洩のおそれも

兵庫県が運営する求職者支援サイト「ひょうご・しごとネット」に不正アクセスがあり、サーバ上へフィッシング詐欺サイトが設置されていたことがわかった。

同サイトは、同県の委託により兵庫県雇用開発協会が運営しているもの。7月26日17時半ごろに同サイトのウェブサーバへ不正アクセスがあり、フィッシング詐欺サイトが設置された。

調査を行ったところ「PayPal」や「eBay」「craigslist」のフィッシング詐欺サイトが設置されていることが判明。フィッシング詐欺サイトには、国内4件を含む11件のアクセスが確認されている。

今回攻撃を受けたサーバには、氏名や住所、電話番号、メールアドレス、履歴など含む求職登録者情報445人分の個人情報が保存されていた。同データに対するアクセスの形跡は確認されていないが、外部へ流出した可能性もあるという。

同県では関係者に対して謝罪のメールを送信しているが、被害は確認されていない。今後は文書による謝罪を行うほか、セキュリティの強化など再発防止策を進める。

(Security NEXT - 2010/08/12 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

約9年前に会員アカウント情報が流出か - 東芝産業機器システム
海外子会社に不正アクセス、顧客情報流出の可能性 - 野村HD
学内サーバや教育システムに不正アクセス、個人情報が流出 - 佐賀県
通販サイトに不正アクセス、アカウント情報が流出か - 京都の飲食店
アカウント情報3.7万件が海外サイト上に流出 - キルフェボン
「セシール」不正ログイン、攻撃リストの顧客ID合致は事前抽出が原因 - 情報流出を否定
不正アクセスで停止のメルマガ、配信を再開 - 熊本県
「プレミアム・アウトレット」からの流出データ、5カ所で公開を確認
通販サイトに不正アクセス、アカウント情報が海外サイトに - 人気洋菓子店
「セシールオンラインショップ」に不正アクセス - 攻撃リストが顧客IDと一致