Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

兵庫の就職支援サイトにフィッシング詐欺サイトが設置 - 個人情報漏洩のおそれも

兵庫県が運営する求職者支援サイト「ひょうご・しごとネット」に不正アクセスがあり、サーバ上へフィッシング詐欺サイトが設置されていたことがわかった。

同サイトは、同県の委託により兵庫県雇用開発協会が運営しているもの。7月26日17時半ごろに同サイトのウェブサーバへ不正アクセスがあり、フィッシング詐欺サイトが設置された。

調査を行ったところ「PayPal」や「eBay」「craigslist」のフィッシング詐欺サイトが設置されていることが判明。フィッシング詐欺サイトには、国内4件を含む11件のアクセスが確認されている。

今回攻撃を受けたサーバには、氏名や住所、電話番号、メールアドレス、履歴など含む求職登録者情報445人分の個人情報が保存されていた。同データに対するアクセスの形跡は確認されていないが、外部へ流出した可能性もあるという。

同県では関係者に対して謝罪のメールを送信しているが、被害は確認されていない。今後は文書による謝罪を行うほか、セキュリティの強化など再発防止策を進める。

(Security NEXT - 2010/08/12 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

「ディノスオンラインショップ」に不正ログイン - 情報改ざんや不正注文が発生
メールサーバに不正アクセス、迷惑メールの踏み台に - 放送大
システム管理者アカウントが奪われ、個人情報約7万件が流出 - 阪大
不正アクセスで停止していた関連サイト、3カ月ぶりに再開 - 府中市
セキュリティコード含むカード情報が外部転送、流出の可能性 - 城山観光ホテル通販サイト
不正アクセスで顧客情報流出の可能性 - 上光証券
不正アクセスでクレカ情報流出の可能性 - HB-101ネットショップ
「Bad Rabbit」の踏み台被害、対応に1カ月弱 - アイカ工業がサイト再開
通販サイトでクレカ情報流出の可能性、セキュリティコードも - ミヨシ石鹸
フジテレビのチケットサイトで不正ログイン - 一部で不正購入も