Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

「iPhone」や「iPad」にサイトやメール閲覧だけでウイルス感染する可能性 - スマートフォンならではの脅威も

米Appleは、8月11日に「iPhone」や「iPad」搭載している「iOS」の脆弱性を解消するアップデートの提供を開始したが、今回アップデートで対応した脆弱性が悪用された場合、サイトやメールを閲覧しただけでウイルスに感染する可能性があることがわかった。

Appleが、「iOS 4.0.2」および「iOS 3.2.2」を公開したのを受け、ラックが同社研究機関の調査結果として明らかにしたもの。同社によれば、ウェブサイト上で公開されたり、メールで送信された細工が施されているPDFファイルを閲覧すると、ウイルスへ感染する可能性があることから、今回のアップデートは早急な対応が求められるという。

8月12日の時点で脆弱性を悪用するウイルスは確認されていないが、発生するのは「時間の問題」だと同社は指摘。感染被害が生じた場合には、GPSや通話機能などスマートフォンが備える機能へアクセスされ、不当な料金請求やサイバーテロへの利用、プライバシー侵害、データの詐取や踏み台など被害を受ける可能性があるとして注意を呼びかけている。

(Security NEXT - 2010/08/12 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

「iOS 11.2」では脆弱性14件を解消 - 「KRACK」の修正対象を拡大
Apple、「iOS 11.1」をリリース - 「KRACK」や「Siri」関連など脆弱性20件を修正
「CODE BLUE 2017」の全22講演が決定
スマホからのファックス送信依頼を装ったマルウェアメール
「CODE BLUE」の基調講演にGeorge Hotz氏 - 「犯罪対策トラック」やCTFなど新企画も
iOS版「ノートンモバイル」にPW管理機能 - iOSシェア高い日本向けに
身に覚えのないiPhoneアプリ請求書に注意 - 「支払いキャンセル」の先は偽サイト
女性スマホ利用者、セキュリティ対策「していない」「わからない」が半数超
Apple、「iOS 10.2」をリリース - 12件の脆弱性を修正
「ランサムウェア」の認知度、3割満たず - マカフィー調査