Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

北九州市の情報サイトが改ざん - 誘導先は閉鎖されており実質被害なし

北九州市が運営するウェブサイト「北九州市くらし情報ナビ」が1週間にわたり改ざんされていたことがわかった。同市では同サイトを閉鎖し、原因や影響など詳しく調べている。

改ざん被害が判明したのは、保健や医療、福祉の関連情報を提供している同市サイト。8月2日に外部から不正アクセスがあり、トップページを含む31カ所が改ざん。外部サイトに接続するようコードが埋め込まれたもので、8月9日に実施した定期点検で判明した。

同市によれば、改ざん期間中に1223件のアクセスがあったが、改ざんにより誘導されるページが4月に閉鎖されており、閲覧者に直接的な被害はないという。

また今回の不正アクセスが原因となる個人情報の漏洩についても否定。同市のメインサイトは別サーバで運営しており、影響ないと説明している。

(Security NEXT - 2010/08/12 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

「Bad Rabbit」の踏み台被害、対応に1カ月弱 - アイカ工業がサイト再開
通販サイトでクレカ情報流出の可能性、セキュリティコードも - ミヨシ石鹸
フジテレビのチケットサイトで不正ログイン - 一部で不正購入も
ウェブサイトの一部に改ざんの痕跡 - アイカ工業
gumi子会社に不正アクセス - アイテムの不正配布やソースコード流出が発生
サイト接続障害、クラウドサービスへのDDoS攻撃で - ヤマシンフィルタ
会員サイトへPWリスト攻撃、一部改でざんやポイント使用 - ロート製薬
サービス全体を対象としたIoT脆弱性診断 - サイバートラスト
茶類の通販サイトでクレカ情報流出の可能性 - 「Magento」の脆弱性突かれる
ドローン・ジャパンがサイト改ざん被害 - 閲覧でマルウェア感染のおそれ