Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

データ流出困る情報、若年層では「仕事」より「プライベート」

「クラウド」の認知度と利用率に大きなギャップが生まれていることがトレンドマイクロの調査により判明した。

同社がインターネットの利用状況と意識に関する調査を実施したもの。国内の15歳以上のインターネット利用者を対象に、7月30日から8月1日にかけてウェブアンケート方式で実施された。有効回答数は692人。

調査によれば、「クラウド」「クラウドコンピューティング」について、全体の54.1%が「知らない」と回答。一方、具体的なクラウドサービスについてはGoogleマップなどの地図サービスで85.6%、ウェブメールで80.3%、動画サービスで74.4%が利用していた。世代別に見ると、もっとも認知率が高かった20代でも半数弱が「知らない」と回答している。

同調査で情報流出がもっとも困る情報について尋ねたところ、20代以上の各世代では、割合にばらつきがあるものの、「銀行口座やカード番号」の直接金銭被害に結び付く回答がもっとも多かった。利用頻度が高い30代以降はいずれも6割から7割強と大半を占めており、20代についても半数弱が選択している。次いで「氏名、住所、電話番号」などが続く。

(Security NEXT - 2010/08/10 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

「MUFGカード」装うフィッシング - 「持続する」ボタンに短縮URL
主要50脆弱性、34%は開示日にエクスプロイトが公開 - 76%で攻撃者が防御側を先行
「Winny」などのファイル共有ソフト、GWに約9万人が使用
2017年度の国内セキュリティサービス市場は2749億円 - 前年度比13.8%増
情報処理安全確保支援士の合格率は16.9% - 平均年齢は35.3歳
悪意あるメール、クリックの半数超が受信1時間以内 - 朝夕に増加傾向
カスペがEDRを投入 - サンドボックスやインテリジェンスと連携
個人情報含む携帯電話の紛失を公表 - 沖縄ケーブルネット
デジタル・フォレンジック研究会が15周年、シンポジウム開催
企業の約8割が「BEC」を経験 - 件名に「Re:」「Fwd:」追加が1.5倍